フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/07/14 Wed  16:30:41» E d i t
 » しようよ 
 まだ嵐はもちろん、TOKIOとかⅤ6もテレビに出始めだった頃にSMAPが全盛期で、その頃大学生だった私は否応なしにSMAPが時代の顔として活躍してきた時代を共に生きていることになる。
 もともとそれまでのジャニーズとは一線を画すような個性派ぞろいで見分けがつきやすいところに、森クンの脱退とかいうセンセーショナルな話題も手伝ったこともあって分かりやすかったのと、チャラいだけのアイドルグループと言う感じが全然しなくて当時から結構好きなグループだったし、今なお彼らの活躍を願って止まない私だったりする。
 なにしろ森クン脱退後の5人という人数は覚えやすいし、親しみやすいように出来てる世代だったりするのだ。

 だってほら、ドリフも5人だったし、奇面組に至っては5人編成のチームが何組も登場したり、戦隊ヒーローだって基本5人だし。後々、なんだったかのCMでガッチャマンに扮装してたりしたし。


 まぁ、彼らの出て来るテレビ番組を逐一チェックするほど追い掛けたりはしてないし、新しい歌も知らなくなってから随分経つのだけれども。




 
 どうにもこうにも行き詰まり感を禁じ得ない時期というのがやってくる時期は誰にでも、どこの集団にでもあるはずで、そういう時期には話し相手を探している自分がいることに気がつく。話し相手というよりも、聞き相手とでも言うべきだろうか。

 おそらくは自分の中で本当ならば答えが出ているハズなのに、あれやこれやと考えてなきゃいけないことが次々に出て来てしまって、頭の中がごちゃまぜになってしまって出ているはずの答えが余計な物によって埋もれて隠れてしまっているのを整理整頓するために話をしたい状態になっているのだと思う。
 しかし、なにせ頭の中がごちゃごちゃになっているが故に何を話して良いのか、どう話して良いのか分からないままで時間だけが過ぎて行ってみんなでそれぞれにイッパイイッパイの状態になっていたりすることがある。

 これがまた厄介なことにひとりごとをブツブツつぶやいてみたり、こっちの話をろくに聞きもしないで何かを言い返して来るような相手に話かけてみても全然ダメだと勝手に感じてしまっているから、相手を選んでしまうし、相手を選んでいる間にも溢れんばかりに何一つ解決されないままで色んな事が頭の中に心の中に累積して鬱積して、嫌になってしまう。

 次から次へと湧き出て来る諸問題に対しても嫌になるが、解決の方向に一向に向かって行かない自分にも嫌気がさしてしまう。

 コミュニケーションがつつがなく取れている時に人は楽しさや幸せを感じるだろうし、そうでない時にはいろんな物事や自分の味方であるはずの人たちでさえもが自分を圧迫しているように感じるだろう。

 
 

 そんな時にはSMAPが歌っていたしようよという歌を思い出す。


 
 オロナミンCのCMだったけかなぁ。SMAPと言えばまだアップテンポのアイドルらしい曲が多かった1990年代の半ば頃にひと際異彩を放ってるように私が感じた曲で、シングルだったとは言え、ファンの方々でもあまり覚えてない人が多いと思う。要するに地味な曲だ。

 でも、すこぶる名曲というか、何と言うか、肝心なことを言い当てた歌詞だと思う。


 
 付き合いが長くなって恋人同士の会話が少なくなってすれ違って行くのに危機感を抱いた歌詞なんだけれども、これって別に恋人同士に限った事じゃないもんね。

 いろんな組織や集まりでも、友人同士でも、長い時間を掛けて分かり合えたつもりになっても、どんなに鋭く相手を思いやっているつもりになっても、心の内側までは分からないから「あれ?」「おかしいな?」「こんなハズじゃないのに」とかが積もり積もる割には「きっと分かってやってるんだろう」とか「アイツに限って」とか勝手に思い込んで何も言わなくなるし、それどころか「しつこく言うことはやかましいとか思われたらヤダな」とか思って“言わない”のではなくて“言えなく”なったりする。

 不思議な物で、どんな集団でも出だしの頃はたくさんの人たちからたくさんの意見や理想を求めて批判さえも前進する力に変えて行けるエネルギーに満ち満ちているのに、ある程度の結果や称賛を浴びるようになると自分たちの内部に対する不満に対して「ま、そのうち何とかなるだろう」と日和見が始まるし、外部からの批判的な意見に対しても身内を守ろうという意識が働くために耳を閉じ、目を背けるようになってしまう。
 それが文字通り「守りに入る」ということなんだろう。

 思考が硬直し始めると、前述したように内部にいる人間たちが正直な発言をしなくなってしまい、その集団は崩壊へと向かってしまうのだろう。簡単なのに難しい。

 
 微笑みに分かった顔しないでさ 
 いつだって気持ち素直に伝えよう


 
 まぁねぇ。恋人同士なら率直な言葉で良いんだろうけれども、集団を変えて行くには言葉選びも肝心だしなぁ。
 

 正直にとにかく何でも隠さずに話をしようよ


 ・・・一番大切なことだよなぁ。面倒臭がってる自分が変わらなきゃ何にも変わらんよなぁ。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1319-225d8ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。