フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/05/03 Mon  06:47:59» E d i t
 » 秋山が主人公になった 
 5年ほど前に私がこんな記事を書いていたのを思い出して読み返してみた。

2005/07/24 Sun 04:43:44 » E d i t » プロレスラー・秋山準という生き方。

 その秋山へのファンの声援が凄いことになっている。

 
 昨日、グローバルリーグ戦‘10の決勝戦が行われた。
 →スポーツナビ「高山が秋山を倒し2大リーグ戦を制覇 KENTAが6.6後楽園で復帰宣言

 先日も書いたとおり、伝達される情報量が非常に少ない中で最後まで大混戦を繰り広げ熱いリーグ戦を繰り広げ、NOAHで育ってきた世代のトップクラスのレスラー達と、旗揚げ以降10年間を先頭に立って引っ張り続けてきた世代のレスラー達との間には、実力の面に於いてはすでにもう大きな壁は存在していないということが結果に出ている。

 ところが、実力と結果だけではファンが支持してくれないのがプロと冠された競技の難しさなのである。

 
 ここのところK-1でも総合格闘技でも、新しいヒーローが出て来なくなって来ている。パッと出て来てキャラクターで売り込んだり、実力では前時代のスーパーヒーローを倒したりするのだが、当の本人は何故か自分よりも「負けた相手を光らせる」という不本意な結果を招く。
 それは、結局のところ「プロレス化」と捉えて構わないことだろう。

 いくら「勝負内容で魅せます」と謳ったところで、技術競争ではアマチュア競技と何ら変わらない。そこに観客が自分を投影できる+αが無ければプロの興業としては成り立たないのだ。そして、そういうのを持っている選手は勝とうが負けようが観客はまた見に来る。

 
 秋山準は、実力も結果も伴いながらファンが強く支持してくれないレスラーの代表格だった。
 今で言えば、新日本プロレスの中邑真輔がそれに当たるだろう。

 ファンにしてみれば、若くて(他のレスラーたちが通るような血も滲むような長い長い回り道を、さほどの時間も掛けずに乗り越えてしまう才能があるので)苦労もせず、トップ戦線に容易く(そう感じられるほど早い成長で)食い込んで来るから、今まで長い時間を掛けて応援して来た選手たちがそういうヤツに倒されて行くのが何とも歯痒くてたまらない状況になる。
 選手の成長と共に、ファンの年月も積算されて行っているという現実がそこにある。

 これは何もプロレスや格闘技やスポーツ選手に限ったことではなく、歌手でも芸能人でもお笑い芸人でも「自分が思い入れを持って応援や支持する対象」とは、おそらくは「人生の長い時間を共有して行ける対象」ということになるのがファン心理だろう。まぁ、その入れ込み具合の強弱はあるだろうけれども。


 秋山は今、肉体的にも精神的にも全盛期と比較した場合「落ち目」にあるということが一目瞭然で見て取れる。しかし、だから今、秋山なのだ。だから今、ファンは秋山を支持しているのだ。

 NOAHが三沢や小橋だけでは成り立たないという事をファンはちゃんと分かっていた。秋山が「第三の男」としていつも陰ながらNOAHを支え続けてきたことをファンはちゃんと知っていた。ここぞ!と言う時に秋山が全てを締めてくれるから安心していられることを感じていた。
 これまで心技体その全てがパーフェクトであったが故に、ファンは秋山の“支え”になる方法を見出すことができずにいたのだ。

 三沢も小橋も、ボロボロの「体」で立ち上がって、相手に向かって行く姿をファンの声援が支えた。
 健介が辛い時、傷ついた「心」を支えるようにファンの声援が寄り添った。
 永田に熱狂的なファン「ナガラー」が付いたのは、新日本プロレスに「心」を裏切られた永田の涙が引き金だった。
 真壁はこれというバックボーンを持たずに「心」も「体」もズタボロにされながら喰らいついて昇りつめたからファンを巻き込める。 

 プロレスラーは弱い部分を見せちゃいけない!・・・のは分かっているけれども、その弱い部分を包括した上にある弱さに立ち向かって行くという「本当の強さ」に対して多くのファンは自分を投影するのだ。秋山はボロボロな姿を晒す機会が非常に少なかった。
 
 ファンにだっていろいろな人たちがいるから一概には言えないが、大声援を引き出すことができるプロレスラーになるには「弱さ」だって必要不可欠な要素なのは間違いない。
 あのアントニオ猪木だって今となっては随分と偉そうなこと言ってはいるが、精神的な弱さや、未知の強豪との初戦でコロッと負けちゃうような脆さ、それでいてここ一番では絶対に負けないという勝負強さの激しすぎるギャップによってファンを虜にして来たじゃないか。

 「弱さ」こそが「本当の強さ」への絶対必要条件なのだ。
 秋山は「弱さ」を手に入れて「本当の強さ」を手にしたのだ。たくさんの人たちに愛されるという「本当の強さ」を。
 素養があってその上で妥協せずに本気で突っ走って来た人間が到達できる場所には多くの人たちは憧れる。憧れや尊敬は畏怖も伴う。畏怖するがゆえ、応援さえも憚られる場合だってある。だが、その「強さ」もやがては衰退する。衰退とはすなわち「弱み」が生まれる事を意味する。その「弱み」によって欠落したピースを補ってくれるのが、ファンの声援なのではないだろうか。そして、たくさんの人たちの「思い」という名のピースは今までの自分では到達できなかった「さらなる高み」へと彼を誘う。

 秋山は今、主人公になった!

 

 結果だけを見れば、森嶋も杉浦も決勝戦に出る事はできなかったし、秋山は高山に敗れた。

 ファンからしても、森嶋や杉浦の戦いはこれからも見る事はできるだろうけれども、下り坂にあるとは言え、ガチガチやってる高山と秋山の試合が見られるのは今だけだろうという部分はある。

 そういうのを森嶋や杉浦に強引にぶっ壊してもらって、NOAHを背負って欲しかった部分もある。力皇やヨネはもっとしっかりせいやという思いもある。バイソンにはもっともっと凶暴化して欲しいし、こうして剥き出しの欲や感情で戦う期間があるとやっぱり面白い。

 NOAHファンにしてみれば、色々味わい深くて考える事が多かったリーグ戦になったと思う。
 そして、これだけのことをリング上で展開しておきながらも、伝える方法や煽り方が余りにもお粗末だったということが今後の課題となるだろう。

 こんなスゲーもの、もっと胸を張って世間にアピールすれば良いんだ。
 

 
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なぁるほど!金丸
 金丸というレスラーは「華やかさ」の部分では丸藤やKENTA、あるいは鼓太郎やジュニア当時の杉浦の後塵を拝す形ではありますが、目立たないポジションで確実に相手を抑え込むことに関してはこの上ない実力を発揮するレスラーですよね。ファイトスタイルは地味じゃなく、飛び技や一点集中、そこにラフスタイルOKのオールラウンダーであり、丸藤とはまた違った味わいを持った渋いレスラーだと捉えています。
 外国人ヒールユニットなどにちょくちょくと顔を出したりする辺りで、捉えどころが無いんですよね。

 丸藤やKENTAみたくNOAH一辺倒じゃないというか、柔軟であるが故にファンの側からも捉えどころが無い不思議なレスラーです。

 いわゆる、藤原、木戸、渕というタイプの。

 私自身、先月・札幌で金丸のジュニア防衛戦を見て来たのですが、デリリアスというサブゥーのマスク版のような摩訶不思議な動きに翻弄されているように見せかけつつ、最後はしっかりと強さを見せつけて勝っていました。

 相手が技の流れを作り出そうとすると、その要所要所でしっかりと寸断して自分のペースに変えてしまう辺り丸藤と同タイプであり、丸藤にしてみれば鏡と向き合っている感覚になるのかもしれません。

 なるほど。
 そう言えば、丸藤が金丸に勝つ姿がイメージできません。また、逆に金丸が丸藤に勝つイメージも。このマッチメークは禁断のカードなのかもしれません!

 誰もが勝手に丸藤の方が強いというイメージを持ちがちですが、実際に金丸とやっていないというのは私は見落としていました。

 現GHCとIWGPのジュニア王者。さてさて、遭遇する機会はあるのでしょうか?
2010/05/25 Tue 06:58:05
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
丸藤の弱点
実は、丸藤にも”弱点”というか”苦手”は存在すると思います。それはズバリ、”金丸義信”なんです!

しかし、怪我による”長期欠場”から復帰した丸藤は、金丸の持つ”GHCJrヘビー”への挑戦を避ける形で、まずはKENTAと共に”GHCJrタッグ王者”となり、その後は鈴木みのると共に階級の枠を超えて”GHCタッグ王者”となり、気が付いてみたらいつしか彼は”GHCヘビー級王者”になっていました。そして、現在丸藤は”NOAH副社長”に就任しています。

ただ、”天才”ないし”エリート”として”出世街道”を駆け上がるならまだいい! 問題なのは、”苦手”金丸を通過せずにそれをやっている事なんです! このような事を当時の社長だった三沢光晴が承認し、そして、当の金丸も会社の”圧力”があったのかどうかは知りませんがそれを黙認しちゃってるのが問題なんです。でも、いつだったか、丸藤は”タッグマッチ”で金丸と対戦した時に、普段と違って物凄くぎこちない動きをしていたのを僕は覚えています。

丸藤がファンからの”支持”を得にくい最大の原因は、”苦手”金丸を克服せずに”出世街道”に上ってしまったからに他ならないからではないでしょうか。
2010/05/23 Sun 09:48:49
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
丸藤を語る!
 痛く伝わって来るほどに熱くNOAHを愛し、プロレスを愛し、ファンのためを思い、自分を極限まで高め、実際に結果も出しているにもかかわらず常に応援されるのは対戦相手。
 懐の深さゆえに相手を光らせる事ができる。すなわち、丸藤は太陽。それも若く、強大であるが故に一点の陰りも無く照り続ける太陽。

 まぶしすぎてファンからしかめっ面をされている辺りは、若き日の武藤を思い出させます。頭抜けている人間であるためにファンの尊敬は得られても、共感を得られないのは損している部分ではありますよね。

 同じように若くて運動神経抜群でも飯伏幸太が支持されるのは、あれはやっぱり他の格闘技からなぜか小さな団体でデビューして一気にのし上がってメジャー団体のファン達の度肝を抜いた上で「ここ一番で勝てないから」なんでしょうね。

 ファンからの同情を得られないほどに丸藤は凄いレスラーなのだと私は考えます。ただ、パワー・スピード・スタミナ・サブミッション・インサイドワークのバランスが良すぎてコレと言って象徴的なモノが分かりにくいということはあるかもしれません。

 なんだかテレビゲームのキャラクターのようだと表現すればいいのでしょうか。


 穴だらけでは話になりませんけれども、総合的な能力のどこかにポッカリ空いた穴というかマイナス要素がなければファンは応援しにくいのだと思います。ただ強くて、ただ結果を残したり、ただキレイなプロレスをすれば良いってものじゃない。
 この辺がプロレスの難しいところであり、ファンではない人には分かりにくい部分かなと感じます。

 とくにプロレスファンというのはプロレスを競技として冷静に見るのではなくて、贔屓のレスラーに自分を投影させて応援することの方が多いですし、また、その方が楽しく見る事ができますからね。
 私が今、森嶋にハマっている理由もその辺りにありますから。

 丸藤は今、自分を潰してくれる相手を探しているようにも見えます。そうすることによって自分の価値を高めてくれる存在を探しているように。
 だからわざわざ新日本で強行日程をこなしてIWGPジュニアの防衛を重ねたり、IGFで小川をコケにしたりしているように見えるんです。

 怪我から復帰して早々にそういうポジションまでググッと上がって行く辺りも・・・やっぱり共感を得られない超人ぶりなんですよね。

 力皇やヨネが丸藤を潰してしまうという手も・・・泥臭くヒールやるなら徹底的にやればいいのに・・・返り討ちにされて終わりですかね(汗。 

 
2010/05/22 Sat 06:50:56
URL | フクフク丸:to 野神 氏 #oKAhFFW. Edit 
崖っぷちの魔力
まず、現時点で”実力も結果も伴いながらファンが強く支持してくれないレスラーの代表格”と思われるレスラーは、秋山でも永田でも棚橋でも真輔でもない。丸藤正道こそそれに当てはまるレスラーだと思います。”Jrヘビー”の分際で、”ヘビー選手”に軽々と勝ってしまったり、”ヘビー級タイトル”をタッグとシングル両方巻いてしまっているし、そして、三沢亡き後秋山を差し置いて”副社長”に就任し、事実上NOAHを牛耳っているのはこの御仁に他ならないと僕は思っています。

そして、NOAH設立10週年にして始めて開催されたシングルリーグ戦「グローバル・リーグ戦!10」の開幕戦で丸藤はあの高山から”ピンフォール”を奪っています。逆に言えば、この事が高山、そして秋山に”火”を点けたのではないでしょうか。「いくら”天才”だとはいえ、いつまでもこんなチっこい奴にいつまでもいい気にさせてたまるか!」そんな思いももしかしたら高山と秋山にはあったのではないでしょうか。

馬場、鶴田、天龍、そして三沢、川田、小橋が築いてきた”全日本プロレス”の精神を事実上継承しているのは紛れも無くNOAHであり、その”次世代”としてこれまでNOAHを支えてきたのは言うまでも無く秋山と高山だったのは言うまでもありません。これだけの”ビッグネーム”が今では丸藤のような”小兵”の”下”に置かれかねないような状況を見るのは正直耐えられません。特に、秋山は”パニック障害”に加え”椎間板ヘルニア”で一時戦線離脱していましたが、それ故”NOAH新首脳”にも加えてもらえなかったのも本人にとってもファンにとっても無念でならなかったのではないでしょうか。

そういった過程の中で、”本人達”の思いと”ファン”の思いが一致し、それが”決勝戦”へ結びついたのだと思います。やはりなんだかんだ言っても、「NOAHのヘビーは強いんです!」という事を訴えたかったのでしょう。
2010/05/15 Sat 15:02:12
URL | スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1272-7f8df249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。