フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/02/04 Thu  06:51:11» E d i t
 » 思考の整理学 
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


 いやホントしっかし、自分の読書速度の遅さにはうんざりする。

 熟読玩味という言葉があるが、私の場合はまずもって残念なことにただ遅いだけの読書な上に、読んでいる途中で最初の方に書いてあったことを忘れて行くという「私の頭の中の消しゴム」機能は充実の一途を辿って行くばかりだ。

 先日、知り合いの爺様から本を一冊頂いた。

 1983年(1986年文庫化)の著書と言ゃぁ、アンタ、私がまだ7歳の頃に出た本ですぜ?7歳と言やぁ、アンタ、ウチの長女が今7歳ですぜ!


 新聞やらテレビやらでちょこっと話題になってて、バブル前夜に書かれた本がデフレスパイラルでクルクル回りながら落っこちて行く今の日本にリバイバルされるという、とてもインタレスティング(interesthing=興味深い。私が最初に覚えた5文字以上の英単語だ!そして、ほぼ最初にして最後だ)な状況だということで気になっていたら、偶然にも頂いたものだから、正月に読もうとして嫁さん。実家に持って行ったら、連日連夜の食えや飲めやのお祭り騒ぎで自宅に戻ってからその本を忘れて来たことに気がつく有様。何し天然記念物。

 
 義母に忘れ物のパンツとか歯ブラシとか携帯電話の充電器と一緒に送ってもらい、それからやおら一週間というなが~いなが~い時間を掛けてこの一冊の単行本をやっとこさ読み終わった有様。どんな問題Qテレビ。


 要するに大学の教授が「知識ば~っか詰め込んで、ろくすっぽ社会も知らんようなアホが増えちゃってまいっちんぐ。誰かに考えてもらったテストで100点取るのも良いけど、世の中、誰かに考えてもらったテストばっかりやってると、良いように使い捨てられちゃうよ?そんなの良くないから自分で考えられるようにするにはど~すりゃ良いかい?こ~すりゃい~んじゃねぇ??」的な内容で書いてる本なのである。

 いやはや。
 
 今となってはノストラダムス以上の予言の書だもんな。1983年と言えば今から27年前。・・・あぁ、27年前に7歳だったってことは私はもう34歳。人生二度目の17歳!♪好きなん~だもぉのぅ 私は今ぁ生~っきてっいるぅ~♪・・・じゃなくて、団塊世代が30代半ばでバリバリバリバリ社会のど真ん中にいた頃ですよ。
 今どうなってるの?日本の社会は?と考えれば、そりゃもう黙示録クラスの「よげんの書」ですわ。ケンヂくんもビックリだ。鳴らしまくりの警鐘を無視してくればそりゃ当然の結果なのかもしれません。


 昔、立ち読みしてた漫画に「バカなお利口と、お利口なバカの戦いですね」というセリフがあって、この本を読んだ感想を一言で表すならばそれが実にしっくり馴染む。私の頭の中の消しゴムで消えない場所に油性マジックでしっかりと書き残されていたその言葉にチリが積もっていたところに風が吹いてチリが吹っ飛んだ感じだ。・・・ん?ってことは、意外と消しゴムで消えてなくて、「情報洪水」で押し寄せてくるチリが頭の中に積もってるだけなのか?

 
 ま、なんかこの本に書かれてる言葉遣いは難しいけど、詰めに詰め込んだ知識はちゃんと熟成させてやらんと人間的な熟成をもたらさず、ただ害になるだけだよと。でもなぜかアイデアがひらめくのは、なぜか寝ている時や、ウンコしてる時、あとは車運転してる時という、出てきたアイデアを書きとめるのが難しい所だよね~とかということが書かれているところには頷いた。

 ホント、私も世の中が大きく変わるんじゃねぇだろうか!?と自分が宇宙パワーか何かを受信しちゃったか??と思えるような天才的ヒラメキが来る時がある。
 それがなぜか寝入りばなで、寝て起きたらすっかり忘れてたとか、車に乗ってる最中に閃いたにもかかわらず同乗者もいないで宇多田ヒカルの歌と一緒に脳内から流れ落ちてしまったり、ウンコしてる最中で今はもうほとんど洋式だから「あ、ケータイのメールに保存しとこ♪」とか思ったら何故かケータイ不携帯で、そういう時に限ってトイレットペーパーが無くなっててそれを付け替えたりしてる間にスッキリと忘れる事に成功していたりしている。

 それでも日本が平和なのは、そういう誰かが掴み損ねたヒラメキを他の誰かがちゃんとフォローキャッチしてるからなのだろう。そうに違いない。きっとそうだ。



 多分、皆様にも大いに心当たりがあるかと思うのですが、そういう「トンネルエラー」をみんなで繰り返すのはもったいないから、ちょっと立ち読みしただけで「上から目線で腹立つ!」とかほざいてないでこの本でも読んで、せっかく閃いたヒラメキとどろき山椒の木をしっかりキャッチして、素敵な未来を作りましょうね!そして、素敵な未来を作ったら、私におすそ分けしてね。

 
    
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1224-1658d47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。