フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/01/16 Sat  06:10:47» E d i t
 » メタモルフォーゼ① 
 「変態」って書くとどっちかと言えばそっちを思い浮かべるけれど、同じ読みで同じ漢字が当てられてる「変態」、すなわち青虫がサナギになって、さらに蝶に羽化するような形態の変化の方の話なのです。

 はらぺこあおむし という有名な絵本がありますが、あれは人生のいろいろな場面で目につくところに登場し、その都度手にとってパラパラめくって、穴だらけの絵本に懐かしさを覚えてきました。
 
はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール

商品詳細を見る
人生の随所に於いて味わい深い。


 この本、確か初めてみたのは幼稚園の頃で、学生時代に思い悩んでいた頃にふと図書館の片隅で見つけたり、今となっては小学生の長女が幼稚園に行っていた時に絵本の定期購読みたいなヤツで持ってきたのが我が家に確かあったはずだ。

 今、この本を急に思い出したのは明らかに「硬直化してしまっている今の自分」に窮屈さを感じていて、内側からその殻を破ろうとしている感覚と、外側から否応無しにそれを促進するかのような機会に出くわすことが増えて来ていて、それがあのあおむしと重なっているからなのだろう。

 考えてみれば、人間は外観こそは仮面ライダーみたいに突発的変化は起こらないけれども、内的には常にそういう脱皮のようなことを繰り返しているのではないかと感じる事がある。変化を促すアプローチをしている「何か」を神と呼ぶのか運命と呼ぶのか、めぐり合いと呼ぶのか、それはその人が名付ければ良いのだろうけれども、そういうタイミングのようなものはこれまでの人生でも何度か経験してきたし、おそらくはこれは誰にでも起こっているのだろう。
 
 この感覚は「選択」とはちょっと違う。なんと表現したものだろう、例えるなら選択というのは、先は霧に包まれてて見えないんだけれども看板付きのレールが何本かに分かれている中から自分がチョイスする感じで、枝葉が分かれていても今まで走ってきた線路の延長と言う感じなんだけど、メタモルフォーゼは今まで見えていなかった「別なライン」が切り替えポイントを用意してこちらに呼びかけているという感じというか。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1212-cb399112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。