フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/01/16 Sat  17:27:29» E d i t
 私の家系には正月に親戚一同がどこかに集まるという風習が無い。だから、十数年前に初めて嫁さん。の実家の正月パーティーに参加させてもらった時にはビックリした。とにかく大人数で、誰それが何だとかこの人が誰だとか覚えるのは無理とも思われるような人数で、私の家系ではこんなに集まるのは誰かの通夜の席くらいのもんだろうな・・・としみじみ思ったものだった。

 十数年を経ると、若かかりしあの頃の面影を残しつつもそれぞれがそれぞれの年輪を刻み続ける。配偶者が増え、やがて子どもたちが増え、新しい「家庭」が生まれ、それゆえに参加人数が減ってきたりする。例えば、転勤で遠隔地に行ったり、家族の中で風邪ひきが出るとその一家が丸ごと参加できなくなったりするので、そうなる。
 
 極端に集まりの悪い私の家系と、極端に集まりの良い嫁さん。の家系と、その両方を知るほどに「血縁関係」という逃れようのない温かい、それでいて重たくも感じられる根源的な「繋がり」に深く深く思いを致すようになったのはこれは間違いなく年を取ったから。そして、それ相応に自分も親になり、家庭を持ったから。

 だから、「将来」や「幸福」というものをもう一度改めて見つめ直す必要があると感じるようになったのは、そんなキッカケからだった。何が答えなのか、そんなもんはハッキリしないんだけれど、今、自分がここにいる意味、そしてここにいる自分が出来る事、それがどういう風になって行ければ幸福感を感じられるのかということについて、真剣に考えている。正直、「考えている」というのが行き過ぎて「思い悩んでいた」こともあった。
 とは言え、この手の問題は考えれば考えるほどシンプルなものから遠ざかって行くのが常で、何かと面倒くさいんで後回しにしておくと、何もしないまま年を取って行く。自分も、周りも。

 そういうこともあって、自分のブログの過去記事を読み返してみたり、気になるタイトルの本を読んでみたり、とにかく詰め込むことで焦りをぼかして自分の中でそういうあれやこれやが熟成されるのを待っている。そんなこともあったり、仕事でてんやわんやだったりもあって、ちょっと言葉を紡ぐ作業が上手くできないでいたのでブログ記事の更新が遅くなったりしてます。
 出せるだけ出して来たけれど、自分からはまだまだ出て来る。
 けれど、ちょっと立ち止まって「入れる作業」もしてみているという感じで。

 年を重ねて変わって行く自分。大きくなって行く子どもたち、今は元気でも確実に老いて行く親。
 生まれてくる命、思い出へと生まれ変わる命。

 生き方や考え方はもちろんのことだけど、もっと現実的で生臭い「金」や「介護」や「老後」のことも含めていろいろと。



 そんなあれやこれやを、今後とも一緒に悩みながら交流してくだされば幸いです。
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1207-4e0a9323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。