フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
06 « 2017 / 07 » 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/10/24 Sat  16:40:20» E d i t
 » 自己責任という呪詛 
 先日、寝る前に何気なくテレビに目をやると相変わらずお笑い芸人さんたちが、相変わらず変なモンを食わされたり、知らないトコに行ったりする番組が放送されていた。

 どこぞやの山奥の秘境にヒーリングスポットがあるらしく、そこの湧水を飲めと体にスーッとしみ込んで、元気が出てくるらしい。確かイケメン狩野英孝がそれを掬って飲んで、本当に気持ち良さそうに安心したようなホッとした表情を画面が映し出した時、テレビ画面の下の方に小さく何やらテロップが入った。

 「飲料は自己責任でお願いします」

 ・・・衝撃的だった。
 
 私の住む町から車でちょっと行ったところに「日本の名水」とやらに選らばれるような湧水がある。子供の頃には「水道水にはカルキ(消毒のための塩素)が入ってるから美味くない。やっぱりあそこの湧水を飲んだら全然違うよね」という声の中で育ったし、おそらくその声の影響は多分に受けただろうし、その水場の雰囲気も神秘的だったというのもあるけれども、私も「水道水より(飲用に適した)天然水の方が安全だし美味いだろう」と頭から信じて疑うことも無かった。
 確かに、テレビに映っていたのはずっと昔に作られたのであろう木製の管を通して水が流れて来るような粗末な作りの水飲み場だったし、曇り空だったことも加味して考えると雨水の混入だってあるのかもしれない。いや、さらに手ですくって飲むことを考えたら現代の衛生の観点から見た場合には良くないことだってあるのだろう。

 そこへきて先ほどのテロップである。


 かつて「自己責任」は暗黙の了解だったはずだ。誰かに何か責任を持ってもらわなければ何もできない、あるいは、何か自分にとってマイナスな事件や事故が起こったときに必要以上に誰かに責任をなすりつけたい人が多くなっているのは知っている。
 しかし、こんな水飲み場で水を飲むことに関して責任の所在をそこまで明確にする必要があるんだろうか?


 この番組を見て興味を持てば行って飲んでみたいと思うのは当たり前。それが目的で紹介してるはずで、あとはそこに行った人が水を飲もうと飲むまいとそれは勝手。どう感じようとも勝手だろう?
 保健所に止められちゃうような不衛生なモノでもない限り、そんなものにわざわざ自己責任を持ちこまなくても良いはず。
 
 自己責任でお願いするなら、何の判断に自己責任が必要なのかそういう説明もしなきゃ筋が通らないでしょ。そうすると「ちゃんとオゾンとか塩素で消毒されてないから、具合悪い時に飲んだら腹こわすかもしんないよ。そこのトコの判断は・・・」とか、もうそれだけで説明書が必要な事態に陥る。
 
 自然の恵みに対してまでもそんなことを言い始めてるんだな~・・・って衝撃を受けたのだった。



 説明責任。自己責任。
 まったく、くだらん世の中だ。 


 ルールが明文化される度に「おたがいさま」で成り立っていた暗黙の了解が消えて行き、当たり前が当たり前じゃなくなって、ちょっと前まで恥ずべき行為や遠慮すべき発言とされていたことまでもが「ルールに書いてないから」と正当化され、ルールの盲点を突いて「やったモン勝ち」の世の中になって久しい。
 「思いやり」や「気配り」が天然記念物に指定される日も近いかもしれないな。
  
 相手に喜んでもらいたい、自分が知ってる良いことを教えたい・・・って思って伝える側は発信するのを、受け取る側が悪意や先入観をもって揚げ足取って勝った気になってる世の中って腐ってる。
 確かに世の中、すべての人間が誠意を持って真面目に生きてるわけじゃないから疑り深くなってしまう気持ちも良く分かる。
 でも、作ったルールや出て来た言葉がきつ過ぎて気持ち良く生きられないってのも馬鹿な話だ。
 
 

 自己責任という言葉が世間に広く使われるようになったのは確か「イラクでの日本人質事件」の辺りだったはず。

 それを発端にして「自己責任」という言葉は様々な場面、さまざまなシチュエーションで実に都合の良い言葉としてあちこちで利用されるようになった。
 同じ意味でも「自分(あなた)の責任」という言葉の響きと「自己責任」という言葉の響きは全く違う。前者が話し言葉的ニュアンスで受け取り手に反省を促すけれど関係の継続性をほのめかすように感じるのに対して、後者は冷たく突き放して見向きもしないというニュアンスを与えてしまう。

 そうして「自己責任」という四字熟語はアッという間に世の中に蔓延し、格差社会を生み出すための格好のスローガンとしてにあちらこちらで猛威をふるって日本の社会に呪いを掛け続けている。グローバルスタンダードがこれから目指すべき理想郷だというのであればこの痛みに耐えるしかない。
 日本には日本のスタンダードがある!と言うのであれば、それこそみんなが自分たちの決意を持ってみんなでみんなを守る日本流を作り直せば良いんだろう。そこで本当の意味での「日本人の自己責任」が問われる時が来ると思うのだ。

 


 「これは飽くまでも個人の感想です。効果には個人差があります。」
 

 なんて表現もあちこちで目にするようになったもんなぁ。
 私の書いてることもそうなんですよ。飽くまでも個人の感想です。


 体質によっては胸やけをおこすどころか、毒になったりする場合もありますから十分に注意して「自己責任」でお楽しみください。  
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マスコミ×ネット
 マスコミが騒ぐ。ネットがそれを補完するかのごとく一瞬で繋がる。知識も意見も私見も常識も一緒くたになって飛び込んで来る。それも、どれもがさもさも自分が正当であると主張しながら。

 まともで情報収集が得意なヤツほど迷うんですよね。

 「全方位から見て正論なんてことはこの世にはあり得ない」ということを意識してないと、今の時代、情報に撹乱されるだけで簡単に思考停止の方向へ流れちゃいます。
 誰かに正解を出してもらった方が楽ですもの。

 例えばそれが某カルト教団のような反社会的な組織であってもね。

 
 マスコミが公平・中立になる日は来ません。北朝鮮のニュースキャスターを見たことがあると思いますけど、日本のニュースだってあれと大した変わりません。
 だって、コマーシャルで成り立ってるんですから。国民が受信料を払って作ってる局でさえも、コメンテーターを連れて来てニュースの解説をさせた時点で、中立じゃなくなりますよね。


 >だから何かあっても人のせいにしないようにしなければですね

 取捨能力とか、それ以前の自分の身の置き場所とかがあまりにも不安定な時代なのかもしれませんよね。
 「『あとは自分の責任でやってね』っていちいち言われなきゃ、誰かに保護されてるって勘違いし続けてるんでしょ?」って、小馬鹿にされてるみたいな印象を受けちゃうんですよ。
2009/10/27 Tue 06:05:00
URL | フクフク丸:to 風鈴 様 #oKAhFFW. Edit 
own risk
 >少し考えたり、注意深くしていれば気付かないわけないのに・・。

 そうなんだよねー。

 でもさぁ、書いてないとか言ってないのを逆手にとってゴネてりゃ何か自分の得になったりするってことも間違いなく存在してるからねぇ。

 表示する方はそれこそ隙間なく免責事項を書き連ねなきゃならないし、一度でも味を占めたクレーマーは重箱の隅をつつくように「隙間」を探してるだろうし。して、ネットでもっともらしく消費者代表みたいな書き方で糾弾。
 
 で、逆に書くべきことを書いてありさえすれば裏で何をしてても良いだろ的な企業も少ないわけじゃないでしょ?

 物事の本質を見失ってるよね。正直者が馬鹿を見るシステムになってる。それだけ法律が増えて来て、人間味が駆逐されてるってことかな。
 
 自分を磨く・・・とか言うけど、磨くのは外見ばっかりで、肝心な「感覚」とか「感性」がカラッキシ磨かれていないどころか、良いだけ甘やかされて甘え合って腐ってしまったんだろうかね。
  
2009/10/27 Tue 05:48:00
URL | フクフク丸:to めい 様 #oKAhFFW. Edit 
自己責任 もっともで安全な答えですね
でもそれをあおるのはマスコミ
そして何かあったら 自己責任
私は最近テレビはあまり見ません
先導(特に社会情報)されたくないから (ドラマとかは別)
いろんな情報を提供されるのはありがたく
それを選択するのはあくまで個人。
だから何かあっても人のせいにしないようにしなければですね
ただマスコミは特に社会・経済・政治
この面においては公平であって欲しいです!

2009/10/26 Mon 12:50:09
URL | 風鈴 #drF/yX6o Edit 
sense of responsibility
食品のパッケージに見られる「これは調理例です」とか、ダイエット補助食品や器具の通販テレビで流れるテロップ「効果・効用には個人差があります」とか前々から違和感を感じてた。

丸さんの今回の日記を読んで、我が意を得たりと思った(笑

「潜在的なリスク」はどんな物事にでもあるはずなのに、「書いてなかった」「言われてなかった」で責任を転嫁する風潮がはびこってきていると接客していて感じる時が多々ある。

少し考えたり、注意深くしていれば気付かないわけないのに・・。

粗探しする前に、まずは自分の言動を振り返ってみるという姿勢が欠けてきているのではないかな?

決まりごとが多くなればなるほど、それと逆行するかのように「本来の自己責任力」が落ちていくような気がしてならない。
2009/10/24 Sat 22:41:17
URL | めい #j.d64WD2 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1173-53fbdd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。