フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/10/13 Tue  18:12:11» E d i t
 » 教育を憂う割には 
 ウチの娘 ぴっこ(7・小学1年生) の通う小学校が学校閉鎖で休みが続いていて、なんだか9月の連休からずっと家にいるような感じがして「秋休み」の様相を呈して来た。

 ぴっこ本人はすこぶる快調でたまに咳をしてる程度なのだが、なにしろ学校閉鎖なもんで「外に出歩かないようにしてください」とのお達しもあり、実に暇そうにしている。
 そりゃそうだろう。活発という言葉を人間にしたらこうなるって感じの娘だから、なおのことこの状態が窮屈だろうに。

 
 お父さんが子どもだった頃は、学級閉鎖はたまにあったけど学年閉鎖や学校閉鎖は無かったなぁ。それもいい塩梅にお父さんのクラスは閉鎖にならないの。隣のクラスとかはなるのにさ。
 でも、たま~に熱出したりして学校休んだりした時はうれしかったなぁ。
 一日中ゴロゴロしてるの大好きな子供だったから。
 
 
 今年流行してるのは未だに必要以上に恐れられてる新型インフルエンザだから学校閉鎖っていう思い切った処置も仕方ないっちゃ仕方ないのかな。
 


 そんな感じで日曜日も手持無沙汰で家にいた ぴっこ が学校で今何の勉強をしてるのか聞いてみたっけ、国語では漢字が出て来始め、算数では足し算、引き算ときて、10の位の繰り上がりの足し算を勉強しているらしい。それも繰り上がりで苦戦してるんだそうだ。あぁ、そういや今でもその計算、お父さんも嫌いだ。だってなぁ、両手の指の数じゃ足りねぇんだもんしょうがねぇよな。
 でもさぁ、しょうがないけどできるようになっとかねぇとさ、これからどんどん色んなこと覚えて、色んなことが分かって行って、色んなことが分かるようになるからどんどん楽しくなるはずなのに、楽しくなくなっちゃうからな。
 そりゃもう、たくさんやって慣れるのが一番だよ。


 これはお父さんも子供の頃にしつっこく、しつっっっこくお父さんのお父さん=じいちゃんに言われたから覚えてるんだけど

 「オマエが今やっているのは全ての勉強の基礎なんだよ。基礎って何だか分かるか?基礎ってのはな、土台だよ。いいか?土台がしっかりしてないとどんな大きくて立派な建物を建てても簡単に倒れたり壊れたり潰れたりするんだよ。土台をしっかり作っておけば後からどんなものでも建てられる。だから、今の勉強が大切なんだよ」

 と、小学1年生には理解困難な言葉を羅列されたもんで、まぁとにかく嫌いなりにたくさん練習問題はやらされて、間違ったら間違ったで「何でこんなことも分からないんだ!」とさんざん叱られて、じいちゃんとする勉強は大嫌いなのに、怖いからやらざるを得ないという大変困った状態に追い込まれていたもんだったよ。

 
 はてさて、インドじゃ計算と答えを楽しく歌に乗せて丸暗記しちまうんだらしいけど、日本じゃ理論的に計算を考えるもんで、まぁ「10を作って残りの数を足す」のが一般的な方法。

   8 + 7 を例に取れば

  ① 7 = 2 + 5
  ② 8 + 2 = 10
  ③ 10 + 5 = 15   で、 答えは 15 って考える。

 ま、あるいは

  ① 8 = 3 + 5
  ② 7 + 3 = 10
  ③ 10 + 5 = 15  でもいいや。

 
 どうやら珠算(そろばんでの計算ね)の影響らしく、10の玉を動かすときの考え方が理論としてそのまま残ったらしい。
 つまり珠算の理屈を知らなきゃ、一体こりゃぁなんじゃらホイ?ってなるわけよ。
 ひとつの計算で二回以上の計算を組み合わせなきゃならんのだからさ。

 10を作るというコツをつかめばひとまずできるようになってくる。
 できるようになったら、とにかく数をこなして慣れることが肝心だ。

 ぴっこ が次々に問題をこなして行くのを感心して見ていた。  

 2年生になりゃ、理論で教えてた算数からいきなり暗記を必要とする九九が飛び出して来て面喰っちまうし、勉強はテンポ良く順序良く、そして遅れたものを取り残したまま進んで行く。
 親は先取りすりゃ良いのか、後からフォローしてやりゃ良いのか、全く教育談義は十人十色で実に面白い。


 残念なことに、お父さんが子供の勉強を直接見てあげられる時間は非常に僅かで、学校の先生の教育を頭っから信用してもいないし、根っから否定もしないけど「我が子の将来のために、できるだけ良いモノを残してあげたい!」とか思っている割にはさほどお役にも立てない状況に、思わず苦笑いしてるのだった。
 

 色んなことに興味を持って勉強することによって、色んなことが分かって行って自分の世界が広がって行くことに喜びを感じられるような「仕組み」に乗せてあげたいとは思うんだよなぁ。
 
 「点数を取ることが勉強の目標じゃないんだよ!」ってそれだけは伝えたいなぁ。

 
  

 あまりに暇を持て余してる風だったからプロレス技を掛けてやってたら、思いっきりフトモモを蹴られた。
 うずくまりそうな程痛かったが、お父さんの意地に掛けて踏ん張った。
 小学1年にして、このパワー!そしてピンポイント攻撃!!
 絶ッ対格闘技向けのパワーと身体能力なのだが、どういうワケだか(笑)格闘技にはからっきし興味がないらしい。
 まぁ最も、こんな田舎町じゃ道場もねぇのだが。
 
 もうちょっと学校閉鎖は続く。
 
 子供の成長は早い。


 

 で、私の成長は・・・嗚呼、すべからく縮小傾向・・・あべし!
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
正しい答えが出りゃええねん。
 インド式でもスマトラ式でも正岡子規でも、正しい答えが出てくりゃええねん。そりゃ間違いない!

 だがしかーし!おそらく、教科書の順序で進めなければ次の次くらいに出てくる問題が解けないようなカリキュラムになっているはずです。

 教科書や教育の問題はいろいろ言われますが、カリキュラムを組んで、たくさんの人数を教育して国民の学力水準を上げて行く仕組みは本当に素晴らしい物だと常々思っています。

 だがしかーし!
 それを使う「使い方」はまた別問題なんですよね。
 まぁね。今は平和な時代だからせっかく良いものを持ってても使い道が分からずに、栄養過多の植物みたいに「肥料枯れ」してしまう人たちも多いんですが。

 実際に社会に出てから痛感するのは「使い方」の大切さで。だからって「学校で習ってくることは全部無駄だよ」とはなりませんけども。
 
2009/10/20 Tue 05:42:11
URL | フクフク丸:to レンゲ姐 様 #oKAhFFW. Edit 
いまだに「10の位から1」借りてくる引き算が苦手な者です(笑)

そんな私はインド式をテレビで見た時
「そんな便利なやり方があるなら早く言ってよ!」と思いましたよ~。

私が小さい頃、算数を親に教えてもらうと、今学校で教えてる計算方法じゃないってことで注意された記憶がありますよ。

一応教科書の順番にそって教えないといけないんでしょうけど、正しい答えが出りゃ~いいじゃん!と、私も親も腑に落ちない思いでした。

ちょっと思い出したので(笑)
2009/10/17 Sat 21:13:02
URL | レンゲ #CIo.SJik Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1166-a9afdd97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。