フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/09/05 Sat  05:16:18» E d i t
 » それぞれの鍵③ 
 人は、それぞれの局面でたくさんの選択肢を見つける。
 そして、その時その場で最善の選択をしながら旅を続ける。

 最善 という示す言葉が持つ意味は人によってさまざまで、ある者には「楽な選択」を意味し、またある者には「どうしても行きたい道」を意味することもある。そして、多くの場合、自分で自分の選択肢を消去法で消してしまい、比較的楽な道を選択しながら旅を続ける。

 誰かに示された道を必死になって走り続け、それが自分の能力と相いれないがゆえに行き止まりに突き当たる人もいれば、誰もが羨むような道を悠然と歩いているように見えて心にいつも不安を抱えている人もいる。


 未来への選択肢は無限にあって、それを見ようとするかしないかは自分次第なのかもしれない。


 あるいは見えていてもためらっているうちに時間と共にそれは通り過ぎ、あるいは見えていなくてもとりあえず進んでみて何かを得ていることもあるだろう。

 頑なに己の信ずる道を往くもよし、己の行ける道を探すのもまたよし。全ては「その先」「その次」へとつながっているということに気がつくべきだろう。たとえそれが、昨日の自分が望んだものだとしても、そうじゃなかったものだとしても。

 たくさんの人たちの道が交わって、たくさんの人たちが同じ思いで同じ未来を描くために大きく頑健な扉を開けようとした時、そこに未来が生まれるのだろう。ひとりひとりの「みんな」の未来が。










  

  



 
 鍵は見つからなかった。


 

 しかし、「扉の向こうに思い描いている新しい未来」を俺たちは、道行く人々に話した。話した。話し続けた。
 殴られ、嘲笑され、それでも多くの人たちが鍵を貸してくれたし、やがてはその扉を開けることがたくさんの人たちの意識の中心となった。

 「その扉の先には輝かしい未来が待っている」と錯覚する者まで現れるほどに。
 
 やがて幻想が波紋のように広がり、多くの人たちがその扉の前に立つことになった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
夢幻
 そうかも。
 ただ、同じ幻に惑わされることはありますよね。

 バブルとかオウムだとか不景気とかコイズミとか郵政とかオザワだとか。

 マスコミが勝手に作った幻を疑いもせず信じて、自分たちもその幻が真実の姿だと思いこんでる。
 自分の手足を、五感をもっと信じなきゃね~。
2009/09/07 Mon 05:47:56
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
それは



じゃなくて





かもしれないね。




沢山の人が、同じ夢を見る事は、あっても


同じ、幻を見る事は、ないもん。
2009/09/06 Sun 12:26:12
URL | hi_me #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1145-15e1e248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。