フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
08 « 2017 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/09/02 Wed  05:26:19» E d i t
 » それぞれの鍵② 
 「・・・そうかい。」

 なんとも気まずいもんだな。こんな時、何を言ったら良いんだか俺には分かんねぇ。

 「なんか、僕、疲れちゃった。」

 「そりゃ疲れるだろうな。」

 「もう、どのくらいになるのか、ずっとこの扉を開けたくてここにいるんだ。」

 「へえ。」

 「他の人たちは当たり前のように次々に違う扉開けて、当たり前のようにどこかに通り過ぎてしまう。自分の持ってる鍵が開けることができる扉だけを次から次へと開けて、どんどん行ってしまう。」

 「・・・」

 「僕は自分が行きたい場所だと思うから、何度も何度も叩いて、何度も何度も叫んで、人に頼んででもこの扉を開けたいと思うんだ」

 「・・・」

 「でも、開かないや。もういいやって思っちゃった。僕の鍵で開く扉を開けて行って、新しい鍵をたくさん見つけたら、その中にこの扉を開ける鍵もあるかな?」






 「・・・あるかもしれないけど、その時にこの扉の前に立てるとは限らないぜ?」









 
 しばらく二人で黙り込んだ。

 
 「俺もさ、若い頃に開けたい扉があったんだけど、すぐに諦めて俺の鍵で開けられる別の扉をくぐって来たのさ」

 「え?」

 「その結果がこうだ。目的も目標も見失って、ただ彷徨ってる。どこかで自分自身を納得させるように色んなことに言い訳つけながら、ただ彷徨ってる。そのうち、俺が誰だったかも考えなくなったし、夢も見なくなっちまった。一生懸命生きるでもなし。哀れなもんだぜ。」

 「・・・。」

 「それでもそれなりに鍵は増えて来た。オマエにさっき貸した時に、自分の鍵の多さにちょっとびっくりしたよ。オマエの2倍はあるよな・・・それが俺が俺なりに生きて来た証みたいに思えてさ。」

 「生きて来た証・・・」
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
me too!
 当方「こんなもんブラブラぶら下げてても、使い物になんのかよ?」と思えるような鍵ばかりでござんす。
 
 ところが、他人様から見りゃ「そりゃスゲーでやんす」と映りやがる。こっちにしてみりゃ「アンタのが、ずっとスゲーべさ」と思っても、これがまたソイツにしてみりゃそうとも思ってない。

 欲しいと思ってても持ってないモンってありますよね。イラネって思ってても捨てらんなくてイライラしてたものが誰かに言われて急に宝物になる時もある。

 自分で開けらんないって分かっても助けを求めることがなかなかできないのが人情だけど、一生懸命努力してる人には必ず救いの手は差し伸べられてると思ってます。

 っていうか、そう思いこまねぇとヤッテラレン(笑)!
2009/09/04 Fri 05:59:39
URL | フクフク丸:to きすけ 殿 #oKAhFFW. Edit 
欲しいねぇ
 ピッタリ合う鍵。
 どっかに落ちてないですかね?
 
 先に進みたいのに進めないから鍵を探しに戻って、やっとそれっぽいの見つかったら、扉がどこだったか忘れちゃって。

 そんなことの繰り返し。

 でも、そうして拾った鍵の全てが無駄じゃないって思える日がいつか来たらいいなって思ってる。
2009/09/04 Fri 05:51:26
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
丸殿。
深イイ感じのこのシリーズ、私結構お好きですヽ(・∀・ )ノ

私もきっと随分と無駄な鍵をぶら下げていると存じますが、その無駄がまたたまらないッ!

・・・と、思いながらもがく毎日ですよ。
2009/09/03 Thu 17:20:24
URL | きすけ #JwT7T6Sk Edit 
それよりも
沢山の鍵よりも




ピッタリ合う


一つの鍵が欲しいもんですね。



たて糸とよこ糸のように。

ピッタリ合った鍵でね。



2009/09/02 Wed 22:41:27
URL | hi_me #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1141-4d306dc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。