フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
10 « 2017 / 11 » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/05/27 Wed  11:54:49» E d i t
 » 蒙古3(モンゴルスリー) 
 大相撲夏場所は、見どころが結構あった。

 白鵬の連勝はどこまで伸びるか?止めるのは誰か?
 朝青龍はどこまで復調しているか?
 場所前にモンゴル出身力士でゴルフコンペに行ったのはいかがなものか?
 先場所2勝大関だった千代大海は負け越したら引退するのか?


 さて、場所が終わってみれば14日目まで期待の大型日本人力士・豊真将(ほうましょう=前頭1)がなんと驚きの14連敗。千秋楽で上げた1勝が館内割れんばかりの大拍手を引き出すという珍事。
 お客が求めているのは成績や強さだけじゃないことが改めて証明された。

 途中で体調のせいにして休場してしまえればどんなにか楽だっただろう。
 でも、最後までやり遂げて、最後に大きな一勝を手に入れた。
 
 豊真将にとって、この「涙の一勝」は大きい。
 彼の相撲人生を語る上で大きなターニングポイントになる一勝。おそらくそれだったと思う。




 稀勢の里(きせのさと=前頭4)。
 最後の最後まで優勝争いに絡み続ける13勝2敗。
 
 春場所では立合いでの変化というおよそ似つかわしくもない相撲を取り、各方面から「次の大関は日本人!しかも、稀勢の里!」と期待されるが故に大いに苦言を呈され気にし過ぎたのかスランプに入り、関脇から一場所で陥落と言う屈辱も経験。

 反省し、修正をかけてくる力士は強くなる。




 さてさて、そうは言ってもやはり主役はモンゴル3力士。


 白鵬の連勝は14日目琴欧洲に止められ、それによってもしかしたら千秋楽後の優勝決定戦に4力士が出場することも考えられる状況になり、盛り上がった。

 千秋楽は豊真将の涙も良かったが、日馬富士が琴欧洲に決めた首投げは、安美錦の投げのようなタイミングと美しさで心に残った。「技の理合」が凝縮された大逆転、起死回生の大技だった。
 朝青龍が前日に日馬富士の外掛けでやられた時に肋骨を痛めたこともあり、千秋楽ではおよそ朝青龍の暴れっぷりは見られず白鵬が勝利。

 優勝決定戦で日馬富士がこれまた得意の左差しから理詰めの下手投げで白鵬を転がして初優勝を飾る。


 ま、それは良い。

 
 日馬富士は小兵ながら真正面から相撲を取る姿勢が人気の秘密だ。
 大関に昇進してからちょっと見失い気味だったその姿勢を取り戻したことに結果が伴ったということだ。

 終わってみれば朝青龍、白鵬、日馬富士が優勝争いのキーマンになってて、朝青龍と白鵬の時代に割り込んだのが琴欧洲でも他の日本人力士でもなく日馬富士で、この「蒙古3」状態は今後もしばらく続くような予感で。
 朝青龍に場所中15日間を通じての強さの安定感が無くなってきたのがちょっと気がかりだけど、さてさて、この牙城に次に割り込んでくるのが豊真将だったり、稀勢の里だったりすると見ている方も嬉しいのだが。

 日刊スポーツの大鵬さんのコラムには「モンゴル勢に追いつき追い越すために、日本人力士は燃えるような稽古をしなければならない」と書いていた。
 なるほど。自分の力を存分に生かし、相手を封殺するような研究と稽古を燃える情熱でやり続けねば蒙古3は崩れないと思う。期待しよう。



 朝青龍は日馬富士の兄と親友らしく子供の頃から弟のように可愛がっていたのだそうで、初優勝記念に「美顔器」と「プラチナローラー」をプレゼントしたのだそうだ。
 青春爆走ニキビ顔の日馬富士、ついにツルツルお顔に変貌を遂げるのか!!?

 注目の来場所は、7月だ!




 ・・・と、ま~~~~~~ったく期待してない千代大海が把瑠都を“力強く”押し倒し、13日目からの3連勝で8勝7敗と勝ち越し、13度目のかど番を脱した。
 


 ・・・把瑠都よぉ・・・その相撲はどーなんだ?
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
ファン太郎
 週末は特に慌ただしい今日この頃、お返事が遅くなりまして失礼いたしております。

 品位やら品格やら、そういうものも確かに大切だけどそれだけじゃ今の世の中、飯は食えないですよ。
 品位やら品格やらを振りかざすのであれば、それは同時に「食わねど高楊枝」も受け入れなきゃ話の筋が通らんですよ。

 人気商売の何たるかをちゃ~~んと理解しているファン太郎にはよっぽど物分かりの良い後援会やタニマチさんが付いていらっしゃるのでしょうね~。
2009/06/02 Tue 04:10:50
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
イイ人ですょ。
土俵に向かう時にも、「ファン太郎」って声かけられるようになってしまったらしい。


それを怒るどころか、思わず笑ってしまうんですょおって言ってました。


美顔器とプラチナロ-ラ-とは、洒落てますよね


やっぱり、大好き
2009/05/29 Fri 00:35:41
URL | hi_me #- Edit 
蒙古力。
 基本的に子供の頃から生きるために生活の手伝いを続けて身に付いたバランス感覚が殊更に優れた民族で、さらにモンゴル相撲という文化があって、その中から選りすぐりで強そうなのをスカウトしてくるのだから強くなって当然なんですよね。

 片や、子供たちが休み時間にも相撲を取らなくなってしまった国で、ひっそり地元の有志が続けてるわんぱく相撲からのデビュー。

 ・・・素質が違いすぎ。

  
 朝青龍は美顔器をあげちゃうあたり、やっぱり「ホントは良いヤツだよファン太郎」って感じがもろに出ていて相変わらずおもしろい。

2009/05/28 Thu 09:07:42
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
とにもかくにも
ゴルフに行こうが、やはり強いモンゴル勢


朝青龍は、まだ足も完璧でないところに、風邪もひいてしまったようで、さらにあの腰は、痛そうでしたね。
でも、休場せずに最後まで頑張ったのでしょうか、拍手


日本は、どうしたもんですかね
2009/05/27 Wed 12:29:42
URL | hi_me #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1085-d5d52ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。