フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2005/06/04 Sat  04:50:25» E d i t
先日、実に久しぶりにテレビゲーム屋さんに行って考えた事。

 中古ソフト屋なので、初代ファミコンからスーファミ、サターン、PS、PS2と様々なソフトがあるんですが、
初代ファミコン・スーファミあたりの中古ソフトって説明書なしが多いですよね。

 ファミコンソフトも後期に入ってくると面倒臭い設定のソフトが増えてきましたけれど、
基本的に説明書なしでいろいろ考えながら「遊べる」ゲームが多かった気がします。

 説明書なんかいらねえ!攻略本もいらねえ!!

 そこに遊び心をクリエイトできるゲーム達よ!今こそ復活するのだッ!

 テレビゲーム黎明期であったればこそなのでしょうけれど、今の大容量・緻密シナリオ・綿密画像のゲームが忘れてしまった
「遊び心」がふんだんに盛り込まれていた気がします。

 ファミコン初期(1980年代中盤)に発売されたソフトで私の心を今でも燃やし続けているソフトがあり、それを何回かに分けて紹介したいなと思います。
 
 リバイバルで発売されているゲームもありますので、お若い衆は是非体感してみなされ。

 今回はナムコのゲームを数点紹介します。

 ナムコはあまりハズレゲームのないメーカーだと思います。
 80年代をリアルタイムで体感した人間だけに通用する言葉を書けば

 「空想は アタマの肥やしです」
 「空想してから 寝てください」

 ってな感じで、とかくスーパーマリオ路線に走りがちだった小学生達の胸に超独自路線で突き刺さってきた名作たちを・・・

 1・戦略的穴掘りゲーム
   ディグダグ・・・地下に潜む2種類のモンスターをポンプと岩落しで退治する戦略的穴掘りゲーム。
 自転車の空気入れみたいのを敵に突き刺し「ボタンを3回」押せば敵が破裂するッ!!その攻撃の名は「プクプクポン」
DIG_edited.jpg


 
 2・奪われたものは奪い返せ!
   マッピー・・・ネズミの警官「マッピー」を操作して、泥棒猫「ニャームコ」の屋敷に置かれた盗品をすべて回収するのが目的。軽快で耳に残るBGMや、ドアの開閉でニャームコ団を吹っ飛ばしたり、やられた時のクルクル回るコミカルな動きは忘れられない。mappy_edited.jpg


 3・島を崩せ!敵を海に沈めろ!!
 ディグダグⅡ・・・ディグダグの続編。今作も「プクプクポン」は健在だッ!舞台は地下から海上に浮かぶ島へ。プクプクポンと共に装備するドリルで島にあるポイントにヒビを入れるのだ。そして、ヒビがつながると島の面積の狭い方が海に沈む!!ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・上手く削れて敵を一網打尽にした時の快感。忘れ難し!!
DIG2_edited.jpg



 現在、我が家には上記のうち「マッピー」しかありません。
 そして、ウチのお嫁さんは「マッピー」の鬼です。ファミコンの限界を超えるような動きをニャームコ団がしてくる40面近くまで平気な顔でやっています。

 説明書がなくてもなんとなくできるような、それでいて奥が深いゲームをそのうちまた紹介しますね。


   

ブログランキングで目立って、読者を増やしたいのです。
是非、ご協力下さいませ。
ここをクリックしてください!それで1票入るのです「そーれ!ポチッとな!」
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ディグダグ・・・
ディグダグ・・・来ました!!かなり心鷲掴みですっ!
うちにも現役でありますよー。箱説明書も最初から無かったけど、
それこそ説明書無くても遊べるゲームですよね~~
物凄く単純なのに、気がつくとはまっているという。。奥が深いです。
2005/06/09 Thu 11:33:01
URL | カホ #- Edit 
こちらで説明しますね。
本体は検索で『エミュレータ』と入れてもらえれば簡単に本体が手に入ります。
用途別に、PS2、PS、スーファミ、ファミコン、PCエンジン、ディスクシステム、GBなど国内で販売されたハードはすべてあるのでお好きなのDLしてもらえればいいと思いますよ。
で、ソフトの代わりになるのがロムとよばれるものですが、簡単にいうとゲームデータをPC用に抽出したものです。
これは著作権とか絡んでるのでネットからのDLは困難ですが今本屋に行けばロムデータつきの本が数点出ていると思います。実際みましたので。
あとは電気やに言ってUSB端子のついたコントローラー買えば普通にPCの画面でゲームできますよ。
わからないことあったら
メッセあればロムのほうはありますので…(これはあんま公表できない)
2005/06/06 Mon 14:50:59
URL | シンノスケ #- Edit 
今やると
今やるとファミコンのゲームでも十分面白いものたくさんありますね。
本屋でファミコンのソフトの紹介の本が800円でありました。CD-Rが付いてるんですがその中身はエミュレータとファミコンの全タイトルが入ったロムファイル。これでパソコンで往年のファミコンソフトが死ぬほどプレイできます。
思えば小さい頃は目が悪くなるからゲームは1時間、もしくは2時間までと言われてましたが今はず~っとしてます。
今やるとなかなかはまるのは『さんまの名探偵』このゲームが出たときは芸能人なんてほんの一握りしかしらなかったけれど今やるとみんな知ってる!
しかも今やってもかなり頭使うし普通に推理させられます。ミニゲームで連射系のものなどあり盛りだくさんです。
ぜひやる機会があればやってみて欲しいと思います。
2005/06/06 Mon 14:07:49
URL | シンノスケ #- Edit 
ゲームのお返事。
samサン
 そうそう。操作ボタンは十字キーとABボタン。セレクト・スタートボタンだけでよろしい。最近のゲーム機はボタンが多すぎる。人間の指が何本あると思ってるんだ!とか、怒ってみたり…ちなみにスーファミのコントローラーさえも使い切れません。そんな私です。
 リンクは是非、貼ってください。よろしくお願いします。

にょにょ様
 ゲームって、作り手からプレイヤーへの一方通行ではないような気がしてます。その辺のクリエイトを忘れてはならんと思うのです。

 らくえん氏
 ハイ。ドラゴン殺法というか、どちらかと言うと札幌で異常人気を博したあの「木戸クラッチ」です。
 説得力十分の丸め込みはやはり「~クラッチ」がいいですね。
 「ゲームセンターあらし」の炎のコマの特訓とかって、男塾的な熱さを感じましたねえ。現代に欠けているものは「特訓」のような気がします。
…アレ?なんか別方向にコメントが…
2005/06/05 Sun 06:40:01
URL | フクフク丸 #- Edit 
なつかしい!!
トラックバックありがとうございます。
「ティグタグ」「マッピィ」なんていきなり心憎いとこ攻めてきましたね(笑)ドラゴン殺法でいきなり丸め込みの3カウントを取られそうになってしまいそうでした(笑)
「マッピィ」の音楽は今でも心ウキウキで幸せな気分になります。100円もってよくゲーセンに通ったものですが、あまり才能がなかったのであっというまになくなったのもです。
そーいえば「ゲームセンターあらし」っていう漫画ありましたよね?「マッピー」「ティグタグ」なんかは出てきませんでしたが、「平安京エイリアン」「ギャラクシアン」「スペースインベダー」「ブロックくずし」など初期のアーケードゲームの攻略本の初期ような漫画でしたね・・・懐かしい
2005/06/05 Sun 04:59:07
URL | らくえん #3/VKSDZ2 Edit 
単純なゲームは面白い。。
ファミコン時代の単純なゲームって意外に面白いですね。今は楽したいし、コンプリート目指したいからつい攻略本買ってしまいます・・。
2005/06/05 Sun 00:38:16
URL | にょにょ #- Edit 
読まなくても・・・
こんばんは、samです。

説明書を読まなくても、出来るゲームってありましたね・・・。

懐かしい・・・。
ぷよぷよとか、「熱血くにおくん」(タイトル間違ってたらすいません)、とかやってましたね・・・。

私も買おうかと思ってますね・・・。
名作ミニゲーム集・・・。

それから、リンク、全然構いませんよ。
ありがとうございます。
お願いがあるのですが、私のところにもリンクさせてください。
お願いします。

では、また覗かせてください。
2005/06/04 Sat 23:25:20
URL | sam #Pt14lFM2 Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/107-be643388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。