フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/03/28 Sat  12:43:29» E d i t
 » ブログ拍手をつけてみる。 
 ●ブログ拍手をつけますた

 FC2ブログには ブログ拍手 というシステムがあるのね。

 →FC2拍手

 

 拍手ボタンをあなたのWEBサイトに設置すると、訪問した閲覧者が応援の気持ちを込めてボタンをクリックしてくれます。押されたボタンの回数や送られてきたメッセージは、サイト管理者の励みとなり、やる気となって、今後のWEBサイト運営の向上に繋がっていくことでしょう。管理人と閲覧者の心をつなぐツールです。ご利用無料!


 だ、そうで。
 
 このシステムができた当初、私は 「えー、それってコメントとなんか違うんか?」と思ってたのさ。
 考えてみりゃ違うけどね。
 コメントまで行かなくても「読んだよー」ってマークなわけだし。

 熱いやりとりが好きだから、記事も長めだしコメントのやり取りだって真剣勝負で行きますよー くらいの勢いでブログ運営してきたから、そんなワケのワカンネーもんはイラネ。って。

 
 最近はそういう肩に入った力を抜いても良いような気持ちになった。


●「あずましくねぇじゃん。」そう思ったの最近。

 ぶっちゃけ、最初のウチはそれでも良かったのさ。
 だって、ブログというものの絶対数が少なかったんだから、物珍しさも手伝って(顔見えないから、せめて心意気とか思いだとかは伝えたいなぁと思って)熱を込めて書いた長い記事も読んでコメントしてくれてた人が多かった。
 
 最近はカウンタみりゃ回転してっから見てもらってんのは分かるけど、コメント数が減ったのを実感してる。


 そりゃそうだ。確かにそうだ。
 私はブログ管理人としての「フクフク丸」であると同時に、いち閲覧者としての「フクフク丸」でもあるから良く分かる。

 時間が足んなくなってんのよね。

 ブログ管理人なら自分トコの管理しながら、他所のブログの記事にコメントする時間がね。
 読者さんなら、いろんなトコに読みに行ってコメントする時間がね。 
 自分自身、ネットに接続する時間も確かに減ったかもしらんけど、それ以上に 「お気に入りのブログ」 が増えちゃって、毎日楽しみに何件も読んでるとそんだけで結構な時間を要するし。

 したら、熱のこもった記事ほどコメント入れづらい状況になるのも分かるもん。

 
 なんかコメントしようにも、先着コメントで盛り上がってしまってれば入って行きづらい気まずさがあるのも分かる。 
 「よーし!コメント入れっぞ~!」とか思ってコメント欄見たら、これまた熱くて「まいっちんぐ」ってことだってあるだろう。
 「なんか友達増やしたいなー」とか思う反面で、そーゆぅハードルがそこにあるって気付きながらも放っぽらかしてる自分がいた。

 「なんかそれって窮屈ぢゃん。あずましくねーじゃん」

 ●コメントに関するぶっちゃけ話。 

 ま、あずましくなるついでにぶっちゃけんだけんどもさ。

 私が他の人のブログにコメントする時は、基本的に(例外だってもちろんあるけど)管理人さんとの一対一のやり取りだという感覚なもんだから、ずーっと続いてるコメント欄の流れとか気にしないでズカズカと入って行って思うよーなことをヌケヌケと書いてくるので、これを好きだと言ってくれる人も「ちょっと困ったなぁ」と受け取る人もいることだろう。どう思われようとそれが私の個性なんだからしょうがない。

 ただ、他所のブログに来てる他のお客様に快く思われないで、因縁つけられたりすることもあったのね。
 

 そういうので一番困るのは誰かって言ったら、(私が好きで読ませてもらってる)そのブログの管理人さんなのだと(ブログ運営者としての)自分で分かってるから、そこはちゃんと了承を取った上でのその相手とのやり取りになるんだけど、お互いの誤解を紐解こうとする作業はなんも苦にならないし良い関係にもなれっけど、はなっから私のコメントの揚げ足を取りに来るようなやり方を続けられてウンザリしたこともあった。

 それを制しない管理人さんにも大いに不信感を募らせたし。
  
 だってねー、それ、そこに来るみんなが見てるワケだから。
 そーゆーことする人が常連として来てるトコに新しくコメント入れようと思うだろーかね~?
 私みたいに飽くまでも「一対一のやり取り」って感覚ならOKだろーけど、それでもそうやって横槍入れてくるヤツがいるってことを諫めもせずに放置してたら、自分のプラスにもなんないじゃん。

 ・・・いや、まぁ、その管理人にしてみりゃ俺のがイラネ存在だったのかもしんないから良かったのかもしらんがね~

 「あー、もったいねー。」 って正直、思ったさ。
 それよりもやっぱガッカリが大きかったかな。
 

 世の中にはいろんな考え方があって、それでいい。合わなきゃムリして合わせる必要なんて無いんだから。ましてやネットなんだしね。生活かかってるわけじゃないんだから。
 私自身、そーんな経験してるんで、コメント欄とかBBSにはそういう煩わしさがあるのは間違いないってわかる。

 
 ●・・・っちゅーことで。


 そーゆぅ部分でも、今回、ブログ拍手をつけてみた。

 ん??

 ・・・応援クリックに付随して「1000文字分のコメントも入れられる」そうで、ますますコメント欄との差が無いような気がすんだけども、基本、こっちの応援コメントとかは公開にしない予定だし、そうなりゃ必然的に返事のしようもないんだけど、

 ま、つけときゃそのうち良いことあんだろ。

 これね。押してみ。試しに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さんくす!
 気付けば8拍手も来てるしぃー

 なかなか深イイコメントもくっついて来てるしぃー。
2009/03/30 Mon 05:14:54
URL | フクフク丸:to hi_me姐 様 #oKAhFFW. Edit 
拍手
してみました
2009/03/29 Sun 00:03:22
URL | hi_me #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happy2you.blog6.fc2.com/tb.php/1031-cd0fa666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。