フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
01 « 2013 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2013/05/11 Sat  14:27:11» E d i t
 » 小橋建太、引退。 
 本日、平成25年5月11日土曜日。
 プロレスラー・小橋建太、引退の日。

 一時代を築いたプロレスラーがきちんとした形で引退試合ができるというのは、ほとんど奇跡だ。
 
 現役時代の強さのイメージを人びとに残したままで、引退できた日本人レスラーはこれまでいなかった。
 一時代を築いた人気選手というのは、どうしてもそこの団体の看板を背負うことになり、そのレスラーを中心とした対戦カードによって観客動員が左右されることになる。

 それは、いくら若い世代のレスラーが台頭して来ても変わらない。
 なぜならば、思い出の中の試合はどこまでも美化され、それを共有した人々が語り継ぎ、伝説が伝説を生みだして行くから。そして、人びとは「伝説に登場するヒーロー」をいつまでも手放したくはないから。


 小橋の偉大さは、総合格闘技の大波がプロレス界を襲った時代にまさに命を削ったプロレスを展開してプロレスという競技の存在価値を守るどころか高めて行ったという点にある。

 いや、それは小橋だけでは到底為し得ることではなく、その同時代にたくさんの大きな壁となる存在や団体内外のライバル、仲間たちに恵まれたこと。そして、そのひとつひとつをバカ正直に丁寧に向き合って、乗り越えて来たことでついてきたファンを裏切らなかったことによって成り立っている。

 つまり、小橋はもはや 「小橋建太という名の時代」 でさえあるのだ。

 同じコーナーに立って、小橋に背中を見せ続けた偉大なる緑の彗星・三沢光晴はリング上で命を落とした。
 対面コーナーに立って、小橋を叩き続けた川田は実業家となったようだし、田上は三沢の跡を継ぎ、NOAHの社長になったが、レスラーとしてはリングに上がらない日が多くなったみたいだ。

 翻ってみれば、ジャイアント馬場は生涯現役と結果的に言われるが、病没。
 ジャンボ鶴田だって肝臓の病気と戦いの志半ばで、手術中死亡。

 そう指折り数えてみると、引退撤回して復帰したレスラーを勘定に入れなければ衆人環視の中でプロレスラー人生に幕を下ろすことができる日本人トップレスラーは、アントニオ猪木以来だろう。

 
 小橋はマイクアピールもせず、プロレス以外のテレビ番組に出演したり、その他目立った活動をほとんどせずにトップレスラーになっても新人レスラー以上の練習量をこなしていたのだから、プロレスファンにとって、まさに歯がゆいほどの正直者である。

 小橋が一声発してくれれば、プロレスはもっともっと世間に届くだろうに!と、少なくとも私はずっと思い続けて来たが、ついに小橋はそれをしなかった。小橋の表現方法はプロレスだった。

 
 腎臓ガンと戦い、そして克服した時、小橋建太は世間に通じた。
 しかし、歴戦の傷痕が次々に大きな怪我を呼び、欠場が続く日々。世間に通じても、小橋の名前で観客が来ても、そこに小橋がいなければ・・・歯がゆい。

 小橋は目標に到達するために努力するタイプの人間ではなく、努力を積み上げて行くことでどこまで行けるのかというプロレス道邁進タイプのレスラーである。到達点が無いから、どこまでも強くなる。

 が、それは同時に独尊でもある。
 他人の評価よりも自分の信念を優先させる人間は、自分が置かれている立場に無頓着であるという気質を併せ持つ。ファンを大切にする男ではあるが、きっとプロレスラー小橋は、それだった。

 自分を必要以上に大きく、実際以上に強く見せることがプロレスラーの気質である日本において、実に珍しい。
 大きく「見せる」必要が無いのだ。だって、大きけりゃ良いんだから。
 強く「見せる」必要が無いのだ。だって、強けりゃ良いんだから。
 
 だから余分なアピールをしない。
 そこにプロレスファンはシビれたが、だから世間に伝わらなかったという部分も同時にある。
 

 満身創痍の中、遂に小橋建太のプロレスをできなくなったという理由で、引退を決意。


 今日の武道館は、涙雨で良い。
 笑顔の花道で有る必要なんてまったくない。
 涙のプロレスが伝説になったって、良い。




  
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。