フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
05 « 2006 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2006/06/29 Thu  16:54:24» E d i t
 北海道もやっとの事で暖かくなって参りました。

 20℃を超えるとTシャツ一枚で活動可能な北海道の民です。

 全然気にも留めてなかったのですが、最近、胸毛の育成状況が活発で、密度が少ないながらもロン毛になりつつあって、なんだか実に情けない状態だったので、やっつけないといけないと思い、たまたまスーパーで「脱毛シート」なるモノを半額処分していたので、買って来ました。

 

 はい。

 
 女性の皆様のほとんどが体験されるようなムダ毛処理の、初歩の初歩なのでしょうけれど、まあ

 「女性が耐え得るのだから、大丈夫だべ・・・」

 と、たかを括っていました。
 そして、嫁さんが「私がやってあげるなんて言うもんだから、シートを水で濡らして・・・胸に貼り付けて・・・しばらく置いておいて・・・


 バリバリバリバリッ!!

 ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・
 涙、ちょちょ切れた。

 いッた~~ぁぁぁ~いよ~~~~ぉぉぉぉんん

 胸は真っ赤です。
 痛いです。
 痛いですよ。

 
 え?ナニコレ。
 こんなのをあちこちにくっつけて剥がすの?
 マジ、凄いッスよ。
 ありえね~~・・・


聞くところによると、永久脱毛なんて全然永久じゃないし痛いし、レーザーで毛根を焼いてしまうのも凄い痛いし・・・と、じゃあこの「脱毛シート」は一体・・・? 痛さレベルで言えば序の口って事なんですか??


 美への執念は「痛み」「辛さ」を超えるのですね。

 
 何かもっと痛くない方法を考えてあげたいと真剣に思った悪夢のような出来事でした。
スポンサーサイト
2006/06/26 Mon  06:13:32» E d i t
 » 理想的な爪。 
 爪。

 足の爪はさて置き、手の爪は毎日見るけれど、案外気にしないですよね。
 皆さん、爪はちゃんと切ってますか?

 私は、昔から頭髪のセットはテキトーでも、爪だけはキチンと切り揃えて、キレイにヤスリで研いだりしてました。
 あ、いえ、「研いで」と言っても猛禽類や肉食獣のように鋭くって意味じゃないですよ。

 身体のぶつかる様なスポーツや球技なんかをやってる人は分かると思うんですが、ちょっとした引っ掛かりで爪って剥がれたり、割れたりするんですよ。
 
 そこまで行かなくても、指先と爪が乖離したりね。

 指先の痛みって地味に続きますからね・・・


 そうならないように、引っ掛かる場所を極力減らそうとヤスリを掛けるんですよね。


 マニキュアや、それから発展したネイルアートとかっていう物は、良く分かりませんけれど、あれはあれでキレイだと思いますよ。
 でもどうなんだろ・・・手・指の機能が著しく低下しちゃわないんでしょうかね??

 「付け爪」なんてのも聞いた事あるけれど、米を研ぐことも困難そうなほど伸びた爪は好きではありません。
 なんか、装飾だとしても不潔っぽい。

 ちょっと寝てる間に引っ掛かって、その弾みでベリッとか剥が・・・


 いや、やめよう。想像するのをやめよう・・・

 

 手入れやファッションについてはいろいろあるのでしょうけれど、爪自体はどうなんでしょうか?

 意識して見てみると、いろんな形の爪がありますよね。 
 
 私の爪、緩やかに丸みを帯びていて、根元の白い部分が絶妙なバランスを保ちながら爪自体はまるで甲虫類のような光沢と、非常に鮮やかなピンク色をしています。

 爪で健康状態が分かるのならば、私は超超健康優良児(児?)です。

 ホント、見る度にうっとりするような指先です。

 
 人生で一番爪を伸ばした期間は、多分、海外をほっつき歩いてた時期に、2週間弱が最高記録だったであろうかと思います。
 「どーせ人生にこれだけ爪を伸ばせる時期もなかろう」とか気楽に思ってましたが、10日を過ぎると見る度に「俺は、自分の爪に誇りを持てるのか?」とか意味の分からない自分が訴えかけてきて、耐え切れなくなった感じです。


 基本的に自分の爪が余計に伸びている状態が好きじゃないので、ちょこっと伸びてくると即座に爪切りを取り出してはヤスリを掛けたりしている者でございます。


 もちろん、爪にうっとりするあまりに汚れモノを避けたりはしませんよ。
 ただ、付いた泥だの土だのをそのままにしておくのがとにかく嫌いで、指先と爪の間に入った土や砂、あるいはオイルなどでも・・・を、 つまようじでほじくり出すのが快感だったりします。

 さらにその後、石鹸を泡立てて小学校の時に習ったとおりにつめの間もゴシゴシと洗うのが爽快です。

 ああ、爽快・・・

 爪、きれいにしてますかぁ? 
2006/06/20 Tue  06:27:13» E d i t
 » ブラヴィッシーモ!! 
 ディズニーシー(通称:デゼニー海)に、予備知識・予習ゼロで子供たち連れて行ってきました。
  
 梅雨の最中、小雨のぱらつく平日の午後。
 とにかく、雨の予報のおかげで客の出足が鈍かったので、デゼニー海を大いに満喫できました。
 ちなみに、私の案内マップ解析能力と「きまぐれな妖精さん」のおかげで、雨に塗れることも少なく、結構良い感じに回れたと言う事を付け加えておきます。

 幼児を連れて歩くと必然的に「乗り物関係」は制約され、体感モノやミュージカル的なものを主体に巡る事になるのですが、乗り物関係も、私と嫁さんで代わる代わる、結構乗りました。

 ミュージカルショーも、広い園内のあちこちで様々行われ、ほぼ全部回ったんだと思います。これまでミュージカルや演劇と言う物の本物を見たことの無かった私は、全てのミュージカルで涙を浮かべるほど感激してました。

 だって、やっぱ凄いよ。

 何がどう凄いのかをイチイチ書いてたら全21巻の長編小説になるので、やめます。ついでに、写真撮影制限が結構厳しいので、文章だけでまとめるのもなんか面倒だし。

 夜になり、20:05分からの水上ショーはまさに圧巻でした。
 こちらの模様だけはちゃんと写真入りでお伝えします。

 だって、ハンパじゃねえよ。 
 
 ●ブラヴィッシーモ!←クリックしてみて下さい。

 神秘的な“水の精”ベリッシーと
勇壮な“火の精”プロメテオが出会い、奇跡のような物語が生まれた。

 「ブラボー(Bravo)」の最上級「ブラヴィッシモ(Bravissimo)」に、東京ディズニーシーの「シー(SEA)」を組み合わせて「ブラヴィッシーモ!(BraviSEAmo!)」と名づけられたその名の通り、思わず「最高!」と叫びたくなるほどの感動をお届けします。



 はい。まんまと、最高!と叫びたくなるほどの感動をお届けされた者です。もはや夢なのか現実なのかすら良く分かりませんでした。
 多分、あれ、夢だったんじゃないかなと。

 いや、夢を超えてしまってるっていうか・・・。

デゼニー海の桜島。 入場すると、私たちを完全な異世界へと誘ってくれる火山。プロメテウス。
 えっと、カタカナの名前はちょっとアレなので、勝手に「平成櫻島」と言う名前をつけてあげましょう。 

 これが、なんだか知らんけど時折、爆音とともに噴火するんですよ。

 ブラヴィッシーモの舞台は、平成櫻島を囲む海の一角「メディテレーニアンハーバー(通称:平成鹿児島湾)」で行われます。
 

その1その2 周囲が暗くなった午後8時過ぎ。
 平成鹿児島湾を取り囲むように人垣ができあがります。
 ものすごく空いていたこの日でも当然のように人垣になってます。

 やがて、平成鹿児島湾に水と光とレーザー光線による幻影「水の精:ベリッシー」が浮かび上がります。
 
 ベリッシーはとりあえず「リカ」にしときましょう。
 だって、リカの方が書きやすいから。


噴火海が燃える!!
 突然、平成櫻島が大噴火!!と、共に平成鹿児島湾がなんと火の海に!!

 なんだこりゃ!?

 なんで水たまりが燃えるんだよ??それもかなりの迫力で燃え盛る!
 私たちは大分離れた所から見てたのに、熱くなったもの。

 最前列の人ならかな~りファイアブルなんでないの??
 
 プロメテ 
 炎の海から「火の精:プロメテ」が登場します。
 巨大です。キングギドラの父親か何かでしょうか?

 リカが出てくれば、当然、プロメテは「カンチ」ですよ。
 「東京」・「出会い」・「ラブストーリー」というキーワードが揃ったらもう、我々にはこれしかありませんから。
 
 カンチはこれ見よがしに、あたり一面と燃やし尽くす勢いで火を噴き、暴れまわります。

水の精 

 カンチが去った後、燃える平成鹿児島湾を鎮火させるためにリカが現れます。

 リカは辺りを鎮火させると、何かを訴えるかのようにダンスを始めます。それがまた水と光とレーザービームが織り成す幻想的かつ魅惑的なダンスなのですよ。

出会い やがて、踊るリカの前にカンチが現れます。

 燃え上がる炎をまとい、リカの前に降臨したカンチ。
 「24時間好きって言ってて!」
 「明日何起こるか分からないから、元気出るんじゃない?」

 「え?」カンチもたじろぐあの名セリフはここには書きませんよ!
 うかつに書けるかよ!

やがてプロメテは
 「魔法を使ってこの空におぉっきな虹をかけてって言ったら?」
 「それはできないけど・・・魔法なら使える」
 ・・・お、思い出してしまった。こんな名セリフをぉぉぉ・・・
  

  カンチを包む激しい炎が静まり、やがて美しく燃える優しい炎に。
   

 もう、なんか凄いです。凄すぎて、涙出るくらいです。
 これ見てよかった。

 予備知識ゼロなのに・・・Muito Obrigado!・・・感謝です。
-- 続きを読む --

テーマ:東京ディズニーリゾート - ジャンル:旅行

2006/06/19 Mon  06:15:17» E d i t
 » 少年たちが探し当てた「宝」 
 宝探しッ!それは男のロマン。
 宝探しッ!!未知への冒険とそれは「=」で結ばれる。
 宝探しッ!!私たちはいつの日もそれを求めて止まない。


 たとえドキドキ感は日常に埋没したとしても、少年の頃、日が暮れるまで、いや、日が暮れてもなお探し続けた宝物は今でも心に燦然と輝いている。
 そう、あのドキドキ感こそが少年たちが手にする最大の宝物なのだ。


 これはわが実家から掘り起こされた「小学4年生の思い出」というタイトルのひと綴りの藁半紙からの抜粋である。作者は21年ほど前の私である。

 

へいぶけいさつ    4の1 ふくふくまる
 
 きのう、たんけん をやった
 アルオ君とぼくの たんけんたい を へいぶけいさつ という。
 ジャンプ台のところへいって、アルオ君のポケットカメラで
 写真をとりました。
 そして、けしきをみました。すると田んぼがありました。
 行ってみると、よほど遠くなかった。

 

 <作品解説>
  ・「へいぶけいさつ」は「西部警察」のパロである。
   「へいぶ」は「屁ぃブ(擬音)」と解釈して頂きたい。
  ・「へいぶけいさつ」に於ける、自転車による活動は「パトロール」と称される。
  ・ジャンプ台・・・余市町はスキーのジャンプ競技に力を入れている町なので、昔からジャンプ台があり、夏場は誰も使用していないので子供たちが遊んでいた。
  ・よほど遠くなかった・・・詩的表現とでもしておこう。


 ・・・うわぁ~・・・進歩してねえ・・・。

 いや、今も少年の心の輝きを失っていないのだ。

 行った事のない道、5段切り替えの自転車のチェーンがいちいち外れる事、舞い上がる土ぼこり、背丈を遥かに越える草むら、自転車のスタンドのさび付いた音、足元を逃げ回るイモリの類、初めて上る高い場所、そしてそこから見えた景色、帰り道のみんなのウチの晩飯の匂い・・・

 あの頃から町は形も色も変えてしまったけれど、夕焼けの色も匂いもなんも変わらない。


 アルオが遊びに来る日は晴れる。
 当たり前だ。晴れないはずがない。
 私とアルオが遊ぶ日に雨の日なんてあり得ないのだ。


 ひとしきり町の変遷を味わうように“パトロール”する。
 あの頃とは違ってアルオの4WDと、徒歩でパトロールする。
 当然、あの頃より範囲は広がるが、密度は・・・薄い。

 土の匂いに喜び、いびつな開発に顔をひしゃげる。

 ・・・うわぁ~、進歩してねえ・・・  
 アルオと共に子供の頃から通っていた銭湯に行くと、あの頃とホントなんも変わらない番台の「大仏様おばさん」(年を取り忘れてるとしか思えん)がいて、ビンのフルーツ牛乳はなくなって、代わりにCCレモンが並んでるけど、定番のラムネは健在だ。

 母なる河・ガンガー(ガンジス)がヒンドゥー教の聖地であるように、
メッカがイスラム教の聖地であるように、
エルサレムがキリスト教の聖地であるように、
秋葉原がオタクの聖地であるようにッッッ!!!


 その銭湯は我々の「聖地」なのだァ!!


 聖地で霊力がアップすると、奇跡的な事も起きたりする。
 そして、我々「へいぶけいさつ21」は、神社通りの一見さんでは入ることもためらわれてしまうような古ぼけた小さな商店で、遂に本物のお宝を発見したのだった!!

 古ぼけた、それでいながら商品棚は清潔にしてあるその日用雑貨店の奥、申し訳程度に設置されている文房具コーナーに・・・宝は時間を越えて眠っていたッ!!!

 

  

 このたび発掘された貴重なお宝その1お宝その1の裏面。

アニメ版「北斗の拳」カンペン 購入価格 \250
 ※表面のケンシロウの腕の辺りに「TEMEE NI KYOU WO IKIRU SHIKAKU HA NEE!!」とあたかも英語であるかのように書かれています。

このたび発掘された貴重なお宝その2お宝その2の裏面。

 アニメ版「キン肉マン~キン肉星 王位争奪編~」カンペン 購入価格 \480

 ※ソルジャー様が見つからないのは目の錯覚ということでよろしいでしょうか??
2006/06/18 Sun  13:20:21» E d i t
 » 東京 
上を見ても下を見ても人工建造物。
右を見ても左を見ても過去の人間達が作りたかった「未来」がある。


人波に流されてると、自分の存在なんて簡単に見失ってしまう。

明確な目的地が無ければ、あるいは人波を泳ぎきる体力が無ければ、誰もが裏通りに埋没して行くのだろう。


金を払って、わずかに残る「自然」に触れて、ふれ合いも人情も、幻想の中に忘れ去られ。

スマイル0円とマニュアルと、利便性と効率化、そして人間の心が眠ってしまう街。


きれいで…きたなくて、暑くて…冷たい街。

東京は「人間」なんだな。
2006/06/15 Thu  04:27:04» E d i t
 » キャッチボールは続いて行く 
 毎日毎日、金属バットとテニスボール、三角ベースと透明ランナーで野球ごっこしてたあの頃。

 ホント、あの頃のまんまだ。

 今はお互いに早朝からの仕事だからって、たまに「平日に休みもらったから」って遊びに来るのがなんも朝の5時前じゃなくても良いだろうにさ。
 
 あの頃、雑草が生い茂る中で見失ったボールを日が暮れるまで探し続けていたあの公園は、今じゃすっかり整備されてこんなに立派になってる。お互いに野球をやってるわけでもないのになぜかグローブは車の中に常時搭載されている。

 R.O。アルオ。

 アルオ、オマエの投げる球は何だか明日を越えて「明後日の方」に飛んでしまってるぞ?
 こんな朝っぱらのこの立派に整備された公園で30過ぎの男がたった二人で必死になって、キャッチボールをしている。なんだよ、このシチュエーション?なんだよ?

 全力キャッチボール!?
 それだけで笑いあえるんだよ。

 昔と変わんないな。
 「外野フラ~イ!」
 「ランナータッチアップ!!」
 「バックホーム!!」
 イメージの力は今も昔も変わらんね。ただ、ライナーで届く距離は大人になった分長くなったけどね。

 アルオ。
 距離が離れても、オマエのボールがとんでもない方向に飛んで行っても、キャッチボールは続けよう。
 いつか、俺たちの肩が上がらなくなったら、今度はサッカーボールでも引っ張り出して来よう。ああ、その頃には足もダメになってか・・・

 アルオ。
 俺たちが会うときは、いつだって晴天だ。
 何か美味いもん食おうや・・・って言っても、俺たちの「美味いもん」って、外でするジンギスカンの事だけどな。


 いつまでも鼻水をたれた子供の頃の俺たちのままで会おうぜ。 

 アルオ、もう二十年以上の付き合いだ。

 あの頃から、お前がいて、俺の引き出しをバンバン開けてくれたから今の俺がいて、そして、お前の引き出しを今でもバンバン俺が開けるからあの頃と変わらないお前がここにいる。

 互いに違う道を歩んでるけど、あの頃となんも変わんね。
 
 お前と会うと、なんか取り戻せる。
 そしてそれが新しい俺を生み出してる。

 俺たちのキャッチボールは、そうして続いて行くんだ。
2006/06/13 Tue  03:51:20» E d i t
 » START!! 
 自分のイメージの中では到達できないくらいの
 長い距離設定をして
 軽く息を吸い込んで
 全身に力を入れる
 
 ━━━ 朝の全力疾走 ━━━

 グングン進む体
 息が早くなり
 心臓の音が聞こえてくる
 その音さえも荒い息にかき消されて
 
 足が前に進む力を失ってくる
 失ってくるけれど
 止まるな
 止まるな

 前に行け
 前に行け
 俺は俺を信じてる
 それだけの力を今まで蓄えて来たはずだ

 ほらイメージでは到達さえできなかった
 この道のりを
 俺は今
 ヘトヘトになりながら
 ここまで来たんだ

 完全に息が上がり
 足がもつれる
 いろんな事が一旦
 頭の中から消え去って

 そして俺は自分を取り戻す
 生きている自分を取り戻す


 自分を見失う時
 自分が小さく思える時
 俺は走る

 心を支配する不安や憤りを
 心臓の音で打ち破るために
 自分が自分でいることを確かめるために

 「到達できるかどうかが問題じゃない」
 分かってるけど立ち止まる夜がある
 
 立ち止まる夜は心が曇る
 心が曇れば自分がいなくなってしまうように感じる
 だから
 そうなればこっちも
 取り戻すのに必死だ
 ペース配分なんて関係あるかよ!

 いつもより遥かに遠い設定距離をして
 自分を物理的に動かすしかない
 届かなくっても良いんだ
 前に進んでみるんだ
 ガムシャラしかない
 俺はバカだから相変わらずそれしかない

 ━━━ スタートはいつでも「この時この場所」なんだ ━━━
 
 撃鉄は自分で落とせ
 そこがオマエのスタートなんだ
2006/06/10 Sat  12:44:45» E d i t
 » らぶれた~  
 ああ、この恋の炎が僕の身を燃やし尽くしてしまう前に
 思いよ届けぇぇ・・・伝書鳩で。

 恋をしちゃいました。

 以前から知ってはいたんです。
 お顔を拝見した事もあるのです。

 しかし、動いている実物がそれほどまでとは・・・
 そして、生い立ちが「宮崎県の農家の娘さん」だとは・・・

 ああ、この気持ち・・・まさしく恋・・・

 
蛯原友里―エビちゃん― 2006年カレンダー 蛯原友里―エビちゃん― 2006年カレンダー
(2005/11)
小学館
この商品の詳細を見る

 
 蛯原友里―エビちゃん―。

 ユーリ・海老原・・・本名:アルバチャコフ・ユーリ・ヤコブレビッチ。旧ソ連出身、共栄ジムに所属したプロボクサー。
 後に勇利・アルバチャコフにリングネームを改める。WBC(野球の世界大会ではない。世界ボクシングコミッションである。)フライ級王者に長年君臨した。 生涯成績 24戦23勝(16KO)1敗。
 しかし、蛯原友里とは関係無い。

 


 有名ですよね。女性雑誌のモデルさんでしたが、最近はテレビ出演も好調です。
 その女性雑誌:CanCamをウチの嫁さんがたまに買って来るから、何気なく見てたりしたので、知ってはいたんですよ。

 でも、こういうモデルさんってどっか別世界の住人で、乳母日傘で大きくなって、料理の一つもできなさそうなイメージを勝手に持ってます。また、別にそれで良いんじゃないの?とも思ってました。

 が、日刊スポーツのインタビューか何かで「エビちゃん≠蛯原友里・兼業農家の長女で、厳しい父に殴られて育ってきた」のだそうで。

 もう、こうしてイメージが良い方向に崩れると一気呵成です。
 テレビの隅から、嫁さんの雑誌の端からもうエライ勢いでエビちゃんを探しまくります。

 これを恋と呼ばずして何と呼ぼうか・・・「変」とでも呼んでみますか?
 ウチの嫁さんにも呆れられてます。


 で、資生堂マキアージュのCMにぞっこんです。

 ええ「ぞっこん」が古(いにしえ)の単語だとしてもそれを敢えて使わせて頂きますとも。ぞっこんです。

 ウインクしたら外国人男性がプールに落ちるヤツ。
 その(^。-)-☆ウインクする姿にぞっこんです。
 あれは、あの外人じゃなくても落ちます。
 私ならば難易度Dの「サスケスペシャル3」で頭から落ちます。

 そして、お隣の篠原涼子さんも好き。伊藤美咲さんも好きだあああ。
 おのれ~、マキアージュ!!マキアージュが何の化粧なのかすら知らないが、私はマキアージュになりたいぞぉぉぉぉぉぉ!!!

 えっと、こちらのエビちゃんも大好きです。
 先日、知り合いからビッチビチ跳ね回る生きたエビをドカンともらいました。
 イキが良過ぎると、刺身にしても甘みが足りないんですよ。
 だから塩茹でして食べるんです。

 エビちゃ~ん LOVE。

 
 こちらのエビちゃんは一家全員が大好きです。
2006/06/06 Tue  17:25:00» E d i t
 » 緑の帰り道 2 
 なんだか天気の良くない日が続いたね。
 久しぶりに晴れ間の除いた日、久しぶりに ぴっこ と二人で散歩。
 
 ぴっこ はドンドン歩く
 道が無くてもどうってことない
 むしろ道が無いほうが楽しい。

 ああ、そうだ。
 お父さんもそうなんだよ。

 道が無いってだけで、そこにはいろんなものがあるからね。
 誰かが開いてくれた道の有難みも
 何も無い道を歩いてみないと分からないさ。

 これなに?  
 ほら、こんなものも。
 なんだよ、これ。
 妖怪かよ?
 妖怪だな。
 田舎には妖怪が棲んでるからね。

 ロマンの数だけ妖怪がいるんだぜ。



 ブドウ畑のブドウを栽培する棚を支える支柱の木に
 カラス避けの光モノとして鍋の蓋をかぶせたものですよ~
 
 なぜかそこだけ小雨が降ってる木陰とか
 川のせせらぎ
 田んぼの隅でお風呂に入ってる小鳥

 カッコウの鳴き声
 草の匂い
 田植えの爺さん婆さん

 いろんなものが見えて、聞こえて、香る。
 そしてそれに触れる。



ぴっこ、寝る
  でもほら、変なところ歩いたら足が疲れるのも早いんだよ。
 「疲れたからちょっと抱っこして」
 なんて言うから抱っこしたら

 すぐに寝息を立てたね。
 


 夕暮れの散歩道
 15キログラムくらい、お父さんにしてみりゃなんてことないけど
 このぬくもりは何物にも代えがたい。

 夕日を背に
 もうひとつの太陽を胸に抱いて歩く
 おとうさんの散歩道。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

2006/06/05 Mon  16:02:19» E d i t
 » NOAHスピカ大会総集編。 
 ●おとなしい会場。

 スピカ会場風景 札幌メディアパーク・スピカという会場はプロレス仕様だと満員で2500~2600席くらいだと思う。今回もGHCを2タイトル並べた好カードながら主催者発表2400人。近代的な建物なので、ちょっと世界観に入り込みにくい。
 
 
 四天王時代の札幌中島体育センターは木造体育館で熱気が充満していた。あの頃も確かに女性ファンはいたが、少なかったなあ。ギュウギュウ詰めの5000人以上だった思い出を持つ私にとってはちょっと寂しい。 

札幌はいつの頃から盛り上がらない会場になってしまった。
 多分、ファン層が変わったのと、盛り上げ役のファンが全日本との分裂の際に離れてしまった影響もあるのだろう。

 良い意味の野次を飛ばすファンもいなくなった。
 駄目なものはブーイングしないと、選手も成長しないのだ。
 それがライブじゃないか。
 もちろん行儀の悪い、他人の気分を害するような野次は論外だが。

 選手への応援コールを扇動するファンもいなければ、声援が飛び交う事はあってもなかなか「●●コールの大合唱」にはならない。
 会場には若い女性ファンが女性同士で来ているのも多く見かけるが、彼女たちは各々がファンのレスラーに声を掛けるが、全体がまとまって大きなコールになることがほとんど無くなった。


 ●新人選手について。

 鼓太郎と潮崎がどれだけ大きくなっているのかを見るのが最近の密かな楽しみだったベテランファンの私ではあるが、両者ともに今回は怪我の治療のため休場。

 変わって注目したのは、昨年末デビューの新人4選手。

 青木(青パンツ)・伊藤(黒パンツ)・太田(黄パンツ)・谷口(黒パンツ)。

 ほかに平柳という選手がいるが、彼も欠場中。

 

青木・百田 vs SUWA・伊藤

 
 青木はSUWAに思いっきり向かって行けたから良いものの、伊藤は相手が百田と、なかなか実力の発揮しにくい相手。
 でも、百田は・・・実は新人にはまだまだ負けないのであった。

 SUWAの厚みが際立ったし、青木の腕十字は金を取れる域だった。 伊藤はちょっと百田相手じゃ辛かったけど、ミサイルキックで思いっきり高く飛んで、百田にかわされて落ちたときの受け身は見事だった。
 
 まずます。

 

ロウキー・金丸・泉田 vs 川畑・井上・太田

 

 この手のカードはある意味新人を試すのに丁度良い。
 第2試合という流し試合でどういう存在感を見せるのか?太田一平。

 やられっ放しで、ドロップキックもフォアアームエルボーもヘタ。
 チョップも相手が泉田だから全然力が入っていない。
 
 ダメ新人というか、立派なヤラレ役にでもなるつもりか?
 
 「何もさせてもらっていない」訳じゃなく、「自由にやれ」という雰囲気の中で右往左往。周りがこうベテランばかりじゃ仕方ないのだが・・・。
  でも、地味に掛けられたボストンクラブをロープまで這って行く姿は観客の声援を引き出しました。
 「イッペー」コールの発信源は・・・私なんですけどね。
 
 やられっぷりで印象に残りました。

 

秋山準 vs 谷口周平


 ヘビーのチャンピオンに新人がシングルで挑むなんて・・・。
 まあなんとまた思い切ったカードでしょう。
秋山vs谷口 大方の予想通り、秋山による谷口の公開リンチです。
 エルボーを打たせても、全然効いてないよとばかりにエルボーで吹っ飛ばし、変形ストレッチやら拷問コブラやら超絶ボストンクラブやらで谷口をボロボロに絞り上げる秋山。
 
 ところが谷口が目を覚ましたのか、秋山のバックに喰らい付くとアマレスの投げを連発。形はキレイじゃないし、その投げ方ではダメージを与えられないと思うけれど、とにかくガムシャラに投げまくる。

 おお、良いぞ。

 秋山は怒りの張り手。
 谷口はフォアアームエルボーで返す。
 秋山の張り手と、谷口のエルボー合戦。
 秋山の一発がどんどん重たくなっていく。ああ、ビンタに段階があるんだ・・・
 それでも打ち合う谷口に声援が送られる。

 「谷口ーッ、顔面張り返せーッ!!」スイマセン。私です。

 谷口が秋山の顔面を張った!!
 おおおお!!良いぞ!!
 秋山は「やっと来たか」とばかりに渾身のびんたで谷口を倒すも、なんと、谷口が秋山にエクスプロイダー敢行!!
 
 すぐさま起き上がった秋山に膝蹴りを決められ、本家エクスプロイダーでピン。

 秋山が昔、川田にやられたそのままの試合だったと思うけど、谷口は途中でスイッチが入らなければ延々と秋山にいたぶられ続けた事だろう。谷口が張り返して、掟破りのエクスプロイダーを敢行したから秋山は完全に潰してくれたのです。

 強くなれ!谷口。

 
 ●その他思った事。

 丸藤の体が異常なほど大きくなっていた。
 厚みと幅がすごい。
 ただ単に才能にあぐらをかいている人間ではないということが一目で見て取れた。年齢的にも才能的にも新時代を予感させるのに十分な丸藤が努力を忘れていないというのがよく分かった。

 パンチ志賀の弾けっぷりは札幌を笑いの渦に巻き込んだ。

 力皇はなりふり構わなさが相変わらず足りない。
 この人はきっと、丸藤辺りに司令塔になってもらって頭じゃなくて体で試合をするのが向いているんだと思う。
 新時代の扉を開く事はできても、きっと、その盟主には君臨できないだろう。

 中年トーナメント参加者たち。
 菊地以外は見るところなし。
 菊地の表情は素晴らしい。

 総合的に面白い興行でした。

 観客送り出しに出ていた 永源遥 営業部長に
  「今日は、素晴らしい大会をありがとうございました!」と一礼して帰って来ました~。 

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

2006/06/04 Sun  21:53:06» E d i t
 » 多聞が見せた意地。 
杉浦の王座奪取が凄すぎて、一様に声を失った場内。

GHCヘビータッグ選手権

森嶋&モハメド・ヨネVS小橋・本田


モリシ・ヨネvs小橋・多聞


 これは誰がどう見ても、本田多聞が一枚落ちるカードで、大方の予想通り多聞は王者チームに相手にされず、小橋にリングを任せてしまう。
森嶋は本当に成長した。小橋のチョップに胸を突き出し、逆に重爆エルボーでぶっ飛ばす!

序盤、小橋をぶっ飛ばして、多聞を壊しにかかる王者組。ヨネのえげつないキックが多聞の腕を破壊。十五分経過の声を聞く前に多聞はロープにも走れないほどスタミナ切れ。

若い王者チームを小橋が相手している間、多聞は場外で寝ていた。

…調印式で、多聞は 「ある決意」を胸に戦うと宣言。その内容はパートナーの小橋さえ聞かされぬままだと言う…

なんだ多聞。決意が聞いて呆れるぜ。今まで通り、小橋に頼って勝てれば良いのかい?
男の決意はそんなに軽いものなのかい?

小橋が場外で森嶋にぶっ叩かれてノビてしまった。さあ。多聞、ボロボロの体はまだ動くぜ!

そこからの多聞の鬼気迫る表情が観客のハートをとらえ始める。

地味な関節技で試合の流れを寸断したのは、それだけ勝利を意識した戦いだったってことかい?
-- 続きを読む --
2006/06/04 Sun  20:43:19» E d i t
 » 凄いプロレスを、見た。 
行って来ました。NOAH札幌大会二日目。

速報帰り道携帯投稿です。

●GHCジュニアシングル

杉浦、タイトル奪取! 杉浦がKENTAのV7を阻止!


 杉浦の頑丈な肉体にKENTAの打撃がビシバシ刺さりまくるわ、それに合わせるように杉浦のキレのあるキック・張り手・ エルボーがKENTAの肉体を破壊していく!
総合格闘技対策で身につけたのか、杉浦の打撃は本物。

王者KENTA得意の流れを封じた上で、ブサイクへの膝蹴りをKENTA以上の打点でクリーンヒット。

KENTAの膝蹴りに雪崩式ファルコンアロー、杉浦のジャーマンにオリンピック予選スラム…両者、フィニッシュホールドの撃ち合いになるも、互いにクリアの大熱戦。

苦境から立ち上がる度にKENTAへの黄色い声援さえもが、杉浦を後押しし始める。

KENTAが杉浦を追い込み必殺のgo2sleepを放った時…

杉浦はKENTAの足をキャッチ!スタンディングアンクルホールドがガッチリ決まる。

KENTAが必死でロープに逃げる、杉浦が引き戻す。KENTAが叫ぶ。杉浦がネジる。
杉浦、リング中央でグラウンドアンクルホールドに移行!

粘りに粘ったKENTAが遂にギブアップ!
2006/06/04 Sun  05:17:07» E d i t
 本日はッ!!
 超久しぶりにッ!!

 プロレスを観に行くんだよ~~~ッ!!!

 NOAH札幌2連戦、2日目。

 GHCジュニアは挑戦者が杉浦に決定ッ!!

 KENTA vs 杉浦 「札幌名勝負数え歌」は北のファンの間では有名なのだ。

 打撃を主体とするKENTAに対して、投げ・関節技を主体とする杉浦。
 ストライカーvsグラップラーという分かりやすい戦いだけに、札幌はいつもこの試合に打ちのめされるのです。

 本当に、メインを喰うほどの素晴らしい試合をしちゃいます。


 そしてメインは
 GHCヘビー・タッグ選手権

 王者:森嶋&モハメド・ヨネ vs 小橋&本田 

 3月に日本武道館・vs三沢で観客の視線を独り占めするほどに成長した森嶋が、今度は絶対王者・小橋に挑む!!王者なのに「挑む」のは存在感と歴史に挑むという意味だッ!!

 5月、一ヶ月の間、ヨーロッパに武者修行に行っていた王者組。

 どんな成長ぶりを見せてくれるのか楽しみ。
 
 そう、私は今日は森嶋の成長を観に行くためにお金を払ったのだ。
 だらしなかったらブーイングすっからな。
 同じブーイングでも強すぎて起こるブーイングを引き出してくれ!

 相方のヨネも数年前、札幌の試合であの高山(196cm)の頭上を遥かに飛び越えて場外に落ちて行ったローリングサンダー(フライングニールキック)が強く印象に残っているぞ!!どれだけ面白くなってるか気になるぜ!!

 これで小橋が主役になるようならば、NOAHの将来は安泰とは言えないな。

 ある意味、今シリーズを通してストーリーを作ってきたのは本田多聞であり、本田次第でこのタイトルマッチの面白さが左右される部分はあるのだが、モリシとヨネには本田なんて軽くブッ飛ばして小橋から勝利を挙げて欲しいと思う。


 過去、札幌でのGHCタッグは「小橋・本田vs永田・棚橋(新日本)」というカードが行われ、試合途中で小橋の豪腕ラリアートで永田が5分以上の失神という醜態を晒しつつも最後は永田が本田を仕留めてGHCタッグを新日本に流出させたという、小橋・本田組にとってはある意味「嫌な思い出の土地」だったりする。

 ちなみに、当時新日本との対抗戦でタッグ屋としては名を上げていた森嶋が、吉江豊に容易くやられてしまった無気力シングルマッチもまた札幌で行われた試合である。

 そう考えると、見守って来たんだなあ・・・NOAHという団体を。
 2000年の旗揚げから6年。
 世代交代の真っ只中で、私のハートを焼き尽くすほどの試合を、声が枯れるほどの試合を期待してるぜ!!!
2006/06/03 Sat  09:54:17» E d i t
 » 移動映画。 
 ●「地デジ」の時代に移動映画。

 皆さんは移動映画というものをご存知でしょうか?
 プラネタリウムみたいにグルグル回って見える映画じゃ~ございません。
 映画館の無い地方の子供達に映画の面白さを伝えようと、映写機とフィルムを積んだ車で、各地を回り、1シーズン前くらいのアニメ映画なんかを地方の会館などで低料金で上映して回る催し物。
 それが移動映画です。
 
 どうなんでしょうか?
 ウチの田舎がスペシャルなのかな?
 こんなのって他の地域にもあるのかな?

 車で30分ほど行った隣町の小樽市には、およそ小樽の映画人口に似つかわしくないほど巨大なシネマコンプレックスがあるのですが、それでも移動映画は我が町にやって来ます。

 ベニヤ板に貼られて電柱にぶら下がった映画のポスターが近所の建物と近日の日時を告げると、私たちは湧き上がる喜びを抑えられなかったものです。
 そう。
 私が小学生の時にも移動映画は来ていました。
 
 ●小学校時代の思い出。

 当時、大したお小遣いを貰っているような身分でもなく、ビデオなんてもちろん無かった時代。
 小樽にはまだシネコンなんて無くて、中規模の映画館が点在していたのですが、親が映画鑑賞が趣味だという友人たちはそういうところに連れて行ってもらっていて、その自慢話を指をくわえて聞いている大勢の一人が私でした。
 
 大好きだった「キン肉マン」や「ドラえもん」の長編映画が来るとその友人が羨ましくてたまらなかったものです。
 
 そんなある日、学校の校門前でなにやらチケットを配っているおじさんが。全国一斉ロードショーから3ヶ月くらい遅れたその時期に、おじさんが配っていたそのチケットは「キン肉マン・正義超人vs宇宙野武士」の1シーンが印刷された、近所の会館に移動映画が来る事を告げる割引チケットだったのです。

 無料招待券なんか配る訳じゃないのに「割引券」この漢字が読めないようなお年頃だった私は、すっかり「タダ券」と勘違いして友人たちと喜び合ったものです。
 で、家に帰ってその券を誇らしげに母に見せると、
 「あんたね~、これは わりびきけん って書いてるの。安くなるんだよっていう券なんだよ。タダじゃないの。」
 とたしなめられたのですが
 弟も連れて行くという条件の下、映画行きの認可が下りたのです。
 
 当日、三つ離れた弟が途中で飽きてしまってゴネるのを私と私の友人たちが上手くあやしながら観たキン肉マンの映画の内容なんて、ちっとも思い出しません。

 でも、大事なのは映画の内容なんかじゃなかったんですよね。

 こうして今、残っている「思い出」こそが「宝物」なんです。

 ●移動映画は健在だった! 

 小樽にシネコンができて、中規模の映画館が軒並み店を畳んでしまったのは本当に、つい最近・・・と言ってももう7~8年くらい前かぁ・・・の出来事で、私が小学生の頃よりも車を持っている家庭が増えたから、今ならば誰でも気軽にシネコンに行けると思い込んでいたんです。

 家庭にビデオだって普及した。映画なんて観なくても、テレビゲームだって格段の進化を遂げて、もはや娯楽に満ち溢れているし。

 移動映画が存在する意味がもはや分からない。
  

 なによりも自分自身がそういう先入観で物事を捉えていたのでしょうね。
 移動映画の電柱広告にすら全然気が付かないまま、年を取ってしまいました。

 そして、ぴっこ(娘)がアニメやテレビ番組の内容を理解できるようになった今、街なかで言った一言。

 「ねえ、お父さん、なんでワンピースの絵がココに描いてるの?」

 あ、・・・移動映画の電柱広告だ。
 そういえば記憶をたぐれば、仮面ライダーとか戦隊シリーズとかのポスターが出てたこともあったなあ・・・そうか、続いてたんだ。

 ああ、移動映画だ・・・
 まだ、生きていた・・・

 平日の午後6時半上映とされていたその移動映画に娘と一緒に行ってみました。
 それはもう約20年ぶりに。

 ●移動映画の風景。

 小雨のちらつく中、近所の会館へ娘と手をつないで行く。
 会館の大ホールの入り口に年を取ったおじさんが「もぎり」ならぬ、料金徴収をしていた。

 どうやら大人のお客さんは私だけらしい。 

20060602055405 映写機の実物を目の当たりにした事のある人って案外、私たちの年代でも少ないんじゃないだろうか?
 会館の備品の上に無造作に置かれたそれは、見るからに古くて頼り無さげなのだが、味わい深い。

 「もぎり」係りのおじさんがおもむろに映写機を調節しはじめる。
 このおじさんが私が小学生の頃に来ていたおじさんかどうかはよく分からない。

 大人が私しかいないから、とりあえず友達にでも話すかのように愚痴ってみたりしながら、映写機を調節している。

 「本当は明日の上演予定で、ポスターも割引券もそうやって出したのに、会館の都合で一日繰り上がっちまった。まったく大人の都合押し付けやがって。今回は大失敗だよ。子供たちが可哀想だろうがよ。それでも急いで町中のポスターの日付だけは変えて宣伝車も出したけど・・・大失敗だよ。」

 おじさんはこの映画会をひとりで取り仕切る。
 セッティングから「もぎり」、グッズ販売、片付けまで全部一人でやるのだ。
 
 そしておじさんのぼやきの中に、私は移動映画の真実を発見しました。

 「子供たちが可哀想だろうがよ」
 ああ、地方の子供の未来や夢のために移動映画は続いていたんだ。
 そして、あなたたちに夢をもらった少年のひとりは、今、こうしてここにいます。

 ありがとう・・・
 なんか映画観る前から、そんな思いが込み上げて泣けてくる。

 
開演前数人の小学生がホールを駆け回っています。

20060602055104
 暗幕に白い布を縫いつけたような画面に、昔ながらのスピーカー。
 会館の大ホールには8畳ゴザが3枚だけ無造作に敷かれていて、
 会館の備品のパイプイスはご自由にお使い下さいとのこと。

 私が子供の頃は、この大ホールがぎゅうぎゅうになるくらい子供が集まってったけなあ。
 
 そしてやっぱりこの小学生たちのように駆け回っていたものです。
 映画開始までのワクワクを抑えきれずに駆け回って、叱られて。
 
 本日のお客様は小学生12人、3歳児1人、大人1人。計14人。
 興行的にも、気持ち的にも「大失敗」だ!!
 それとも、こんなもんしかこの辺に子供がいなくなっちゃったのかな?
 
 夕ぼやけの薄明かりが差し込む程度の遮光カーテンが窓に掛かり、中途半端な暗さになって、映画が始まる。
 古いスピーカーはおじさんのこだわりなのか、音が割れるほどボリューム全開で、その音割れと会館の大ホールへの反響とでアニメのセリフが聞き取りにくい。

 でも、そこはご愛嬌。 

20060602055107
 鑑賞風景も昔と変わらず。

 友達同士で何事かを話しながら、みんなで笑ったり驚いたりしながら楽しそうに観る。
 難解で感動的な映画をすすり泣きをこらえつつ、周りに迷惑が掛からないように観るお行儀の良い映画も良いが、私は、みんなで笑ったり泣いたりしながら観るのもまたステキだと思います。

 エンターテイメントなんだし。
 ・・・その辺は移動映画ならではの「味」なのでしょうけれど。

 ま、飽きてくると映写機のカラカラ音が妙に気になって後ろを振り返り始めたり、映写機とスクリーンの間に立つと自分の影がスクリーンに投影されることに気が付いて、影絵を作っておじさんに叱られたりするのは昔と変わらぬ「お約束」らしいです。ハイ。

 20060602055110
 映画の内容はからっきし面白くありませんでした。
 でも、映画そのものよりも、もっともっと大切な事がいっぱいつまった素晴らしい時間を過ごしました。

 ぴっこ が映画の最後の方で寝てしまったから抱きかかえて帰らねばならなかったのですが、できれば後片付けを手伝いながら、おじさんと少し話をしてみたかったなあ。

 決して儲かる商売じゃないでしょうし、時代の流れにもそぐわない。
 
 それでも子供たちの笑顔のために、今日も移動映画はどこかの町を回っているのです。
 最高にカッコイイじゃん。

 そんな私の心のヒーローの話でした。 
 また行こうっと。

 

※くーにゃん様からの情報で、このおじさんの正体が判明しました。
  西崎春吉さん。
  詳しくは ようこそ、witch villへ。 こちらでどうぞ。
 くーにゃん様、貴重な情報をありがとうございます。
 

2006/06/01 Thu  16:32:05» E d i t
 » とにかくさけんでにげるんだ 
 世の中には素晴らしいことがたくさんあって
 誰もがその部分だけを見て暮らすことができたら
 どんなに素晴らしいだろうと思う。

 でも、
 ニュースを見てれば分かるように
 世の中は素晴らしいことばかりじゃないんだ
 
 悲しい出来事
 辛い出来事
 テレビや新聞・雑誌はどうやら
 そういう出来事を重点的に特集すれば
 見る人が増えるらしい

 素晴らしい事は小さいこと
 悲しい事は大きいこと
 そして悲しい出来事の詳細まで
 異常なまでに報道する

 人の感情を無視するその行為自体は
 報道の自由というもので守られているらしい
 慣れてしまえば
 その歪みにも気付かない 


 
とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本 とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本
河原 まり子、ベティー ボガホールド 他 (1999/01)
岩崎書店

この商品の詳細を見る


 被害者にも加害者にもなりたくない。

 ・・・なるはずがないと、誰もが内心思って生きている。
 でも
 そんな事はない。

 可能性の大小はあっても、0%の人間なんていない。

 だから
 被害者や加害者になってしまう可能性をまず
 君に教えよう

 そして
 できるだけそれを回避できる方法を
 一緒に考えよう

 悲しいことだけど
 世の中は素晴らしいことばかりじゃないんだ

 人を信じることと
 疑うこと
 それを同時に咀嚼するのは
 大人だって困難だ

 困難だけども
 それが
 現実なんだ

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。