フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
06 « 2017 / 07 » 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2008/12/16 Tue  17:16:17» E d i t
 » 甘酒 
 寒いさむ~い冬の日に、家に帰るとあまいあま~いニオイが漂っていると、それは甘酒がスタンバイされていることのサイン。熱くて甘いのをふぅふぅ言いながら飲むのが子供の頃はそんなに好きじゃなかったのに、いつの頃からか大好きになった。

 酒粕(さけかす)を自分の好きな濃さでお湯で溶いて、好きなようにザラメを入れて温めて溶かしてできあがり。簡単。簡単ゆえに奥深い。とかカッコつけてみる。

 子供の頃は石油ストーブの上にでっかい鍋で、なぜかここぞとばかりにウチの父親がでしゃばって濃くてあま~いヤツを良く作ってた。今は、我が家も石油ストーブじゃないから台所でちょちょちょいと自分で作る。

 でもなかなか私の砂糖を入れる量の思い切りが良くないのか、あるいはストーブみたいな間接的な炎じゃなくてガステーブルが直火だからなのか、父親謹製のようなあの「まろやかかつベタ甘」な感じは出せずにいる。

 まあまあだ。缶のヤツより100倍は良い。

 忙しく動き回る。そりゃそうだよね12月も中旬だし。
 単純な足し算さえも頭が回らないほどにあちこちにやり残しを抱える。必要なものが必要な時に手に入らないイライラが自分の背中につきまとう。

 ふぅ・・・

 甘酒飲もう。

 ちょっとテンションがあがる。血糖値はグンッと急上昇する。
 さて、明日も頑張ろう。
スポンサーサイト
2008/10/17 Fri  17:59:45» E d i t
 だって、「これが日常だごて♥Jって言うんだから山形の方々が「芋煮しない方がどうかしてる」って思ってても仕方ないじゃない ↓。
 
コンビニの窓
 あ、左下の方の「10月25日 いちょう祭」とか気になっちゃいますか?そうですか。

 ・・・めでたくカメラ見つかりましたよ!車の後ろの座席の下からゴッドハンド♥で掘り出されました。・・・

 すごいですよね。
 ・・・って言うか、山形だけなんじゃないの?ここまで芋煮でフィバってるのって。東北他県ってどうなんでしょ?少なくとも、フェリーターミナルのある青森県内じゃ野焼きの煙は見たけど芋煮っぽいことはしてなかったような・・・秋田の民は「きりたんぽ ならすっけどね」だそうで。

 ま、良いや。
 肝心なのは芋煮にありつく事だ。
 重要なのは芋煮会でハッソ~(ハッスルという言葉を英語っぽく言ってる)(エ~ンドと読む)エンジョイすることだ!

 
 そして遂に辿り着きました。

 
 そもそも今回、私たちを芋煮会に招いてくださったのは仕事の取引先の方で、風も強かったこともあってその方の知り合いの居酒屋を貸切で芋煮会が開催されたのだった。
 
 ともすれば━!
 泳ぐッッッ!!川でッッッ!!!
 最終的には芋煮を囲んでポーレチケのリズムで弾むッッ!!!


 くらいの勢いで乗り込んだ割に、船やら車やらに揺られ揺られて到着した頃にはフラフラだった私にしてみれば天啓だったかもしれない。


     え~、ここで重大なお知らせです。


 カメラは出てきたのですが、芋煮会が始まる30分前に集合場所に到着した私たち家族は、知り合いの到着も待たずに顔見知りでもないくせに容赦なく集まっていたメンバーに溶け込んで行って、要するに本編開始前にすでにビールを飲み始めたので・・・芋煮の写真がほとんどない!ことに気付いてしまいました。

 やっちまったなぁ~!!

 ま、良いや。いや、良くないのか?
 
 お・ま・た・せ・♥
芋煮
 ※芋煮開始時の始めの一碗めである!しかし、この時点で手前に位置するビールジョッキはすでに3杯目なのである!

 芋煮!芋煮!!芋煮!!!

 他の山形リアンズが焼肉だとか焼きサンマとかなんとかを食べている中を私はただ黙々と、ただ黙々と芋煮を食べ続ける。
 なぜか!?
 それは芋煮を食べるために来たからだッ!!
 
 「なんとまぁお上品な味だごで」と、酒を飲みながら食べるにはちょっと薄味の芋煮を山形リアンのひとりはそう評したが、美味いじゃん!私は酒が入ってリミッターが外れてしまうと「あんた、どれだけ食うんだ?」というほどモノを食べる。
 満腹になっても、食べる。そして飲む。

 ちらりと見やると、嫁さん。はキノコ山盛りの芋煮にちょっと引いている。
 キノコは嫁さん。の天敵だ。・・・美味しいのに・・・
 ちらりと見やると ぴっこ と まるもい は、いつの間にか芋煮会のメンバーの中の若いカップルに混じりこんで、ちゃっかりお菓子をゲットしている!・・・いや、芋煮食えよ。ま、良いか。

 
 じゃんじゃん飲んで、食って、宴は進む。
 「ちょっと、アンタ、ホントにさっき北海道から来たんネや?嘘ばっかこくでねぇぞ~。」と言われるくらい、容赦も遠慮もなく芋煮会に溶け込む私。疲労なんて芋煮パワーとアルコールでもうぶっ飛んでしまって、そうなればあとはゲタゲタ笑って、アホなこと言いあってるうちになぜか真剣に語り合ったり絡まれたりしながらゲタゲタと笑い続けるのだった。
 私も地酒を持ち込んだのだが、山形・出羽桜の銘酒・大吟醸「雪漫々」という酒は格別に美味かった!なんでも「美味しんぼ」にも登場した事があるとか。
 あ、私、アルコールなら何でもイケますから。ちゃんぽんには弱いけど、ビールとポンシュは大丈夫ですので。よろしく。


 ちなみに、ラーメン屋の寸胴鍋くらいの大きさの鍋に作られていた芋煮を、合計10人くらい集まった中で黙々と食べていたのは私だけで、山形リアンズにしてみれば「当たり前にそこにある」くらいなものだから、焼肉とか焼きサンマとかカニの方がプレシャスなものらしい。で、寸胴鍋の1/3くらい、食べましたから。ひとりで♥。


 ほんでまぁ、みんな合わせてあと1/3くらい食べて、残った1/3をカレーうどんにしたんです。

カレーうどん

 そこの居酒屋のマスターが他県民で「ホンッと山形のやることだらぁ、どんだりかんだりだはんで、カレーだらカレー、うどんだらうどんってどっちかにせば良べ」とかブツクサ言いながら・・・言いながら・・・言っていたくせに・・・「おいおい、カレー作んだら玉ねぎばすりおろして入れんだぞ」「お、トマトもあっから、トマトも入れッぞ。リコピンはお肌の張りを持続させっから女性に持って来いだかんな」とか、本気カレーになって行く。


 美味い!さすが、プロ!
 私も実は「カレーならカレー、うどんならうどん」派で、カレーうどんなんて邪道も邪道だと思っているタイプなのだが、これは絶品だった。
 腹いっぱいなのに、3杯は食った。酔っ払ってたから正確には覚えていないが、鍋は空になっていた。


 良い感じで日が暮れて芋煮会は続くのだが、さすがに体力の底が見え初めて眠くなり会場となった居酒屋を後にした。
 さすがに、その日に運転して帰るわけには行かないのでゲストハウスというものに宿泊したのだった。  



 いや~、すばらしい一日だった!
2008/07/05 Sat  08:20:00» E d i t
 » ピザって10回言ってみ? 
 ボン・ジョルノ。
 大事件です。

 先日、我が町の「10・4(テンフォー・・・宅配ピザ屋)」に電話をしたら繋がらなかったので、調べてみたら撤退してました。

 そんなワケで先日は歩いてる途中で見つけた美味そうなピザ屋でピザを買ってみたりしたのですが・・・確かに美味いんだけど、店が遠いし、何よりも値段が高い。

 ボラーレ・ヴィーア。
 困った。

 困難に直面した時、そんな時には思い出せ。
 
 失うことから全ては始まる
 正気にては大業ならず
 武士道は死狂いなり


 ピザの道もまたシグルイなり。
  
 作ってやる!この俺が!この手で!!作ってやる!!!
 というわけで、師範代、ご指南の程よろしくお願いします!
 
-- 続きを読む --
2008/06/01 Sun  07:29:58» E d i t
 » パワー源 
 告白します。
 白くて、柔らかくて、ほのかな香りの中に甘みがあって
 それでいてちょっと泣かせる
 アナタが好きです。

 

 新タマネギが好きです。



 学生時代のこの時期に、私のお師匠様が伝授して下さった食べ方をご紹介いたします。


 師匠 「おい丸、スタミナ切れたときにはまず肉だ。だけどよ、俺、若くて貧乏だった時になぁ、タマネギ丸かじりしてたぞ。」

 私  「え?丸かじり・・・ってあの、茶色い皮剥いてですか?」

 師匠 「おう。皮剥いてリンゴみたいにガブッとよ。腹の中熱くなってパワー湧いて来るんだわ」

 私  「カラいですよ。それ、師匠、また嘘でしょ~」

 師匠 「バッカ、新タマネギでやるんだよ。今時期スーパーにおいてあるだろ?白いヤツよ。あれと、長イモ買ってきて、長いもも皮剥いて一口ずつ変わり順番に食うんだ。なまら(※北海道弁で「超絶に」という意味)パワー出るしクセになってやめられなくなるぞ。」

  



 はい。言われたとおりにやってみました。
 
 ・・・泣きました

 私の意志とは無関係に、涙そうそうです。古いアルバムなんてめくってないのに涙そうそうです。

 タマネギは新タマネギといえど強烈です。

 そして長イモは、口の周りがカユくなります。


 師匠・・・厳しいッス!!悔しいですッッッ!!
 
 

○ タマネギ・長イモ (1分12秒 TKO…タオル投入) フクフク丸 ●





 師匠は、中学時代に柔道の大会で同級生だった元横綱の北勝海に一本勝ちしたというのが、もう見た目からして嘘じゃないというのが見て取れるようなバケモノなので、一般人の私には到底真似できませんでした。


 師匠「あっはっは~、オマエ、バカだな。言われたからって本当に試したんだ~バ~カ。あっはっは~」

 私 (・・・くっ、やはり担がれたか・・・)

 師匠「いや、俺はそのまま食えるけど、誰も他にやってるの見たことねぇぞ。」

 私 「やっぱりッスか」

 師匠「タマネギはスライスして水に浸すのよ。あ、強烈なのが好きなら浸さなくても良いし。長イモも同じようにスライスして、海苔かけて味ポンかけて食ってみれ。」

 



 それを試した結果は、今、私がここで皆様に告白したとおりです。
 もう、12~13年はこの時期の私の愛用スタミナ食です。
 安い、簡単、大好き!!

 こう、私の師匠が仰るとおりですね、腹の底からパワーがガッ!と湧いてきて、それでいてそのパワーが持続します!!

テーマ:野菜 - ジャンル:グルメ

2006/04/13 Thu  05:21:33» E d i t
 なにやらやっとの思いで書いても反応が悪いこのシリーズ。
 というか、どう反応して良いのか分からないと読者に思わせてしまうような書き方が悪いのか!!?っくしょ~。読め、読むんだジョーッ!

 ・・・取り乱してしまいました、失礼。んおほん。

 さて、カズノコ、バリボリシリーズも第1弾・第2弾で見てきた過程を経て、ついに食べられる形に近づいてまいりました。
 食卓に上がる形としては、主に塩カズノコと味付けカズノコがありますが、私の個人的な都合により塩カズノコの説明からします。

  塩カズノコにする根拠=カズノコをボロボロにしないため。
  その理由を分解して見てみますね。

 ●雑菌の抑制

 無漂白のカズノコは言うに及ばず、たとえ漂白と言う殺菌過程を経たとしてもカズノコを常温放置して置いたら腐ってしまいます。
 雑菌(カビや黄色ブドウ球菌、その他風邪のウイルスだってそうですよね)なんてのは空気中にいくらでもいて、それが繁殖に適した栄養分・水分を持った物体に付着し、適温の状態であれば繁殖して行きますから。
 
 ●凍結という保存方法の特徴

 「じゃあ、ひとまず凍らせますか。」って事になりますね。
 細菌は低温状態で活動停止および死滅しますからね。
 また、表面が固まれば物体が酸化して行く速度も落ちます。

 何の食べ物でも、そういう理由で凍結しますよね。

 それでも最適な品質保存温度というのが存在してて、たかだか-18℃くらいまでしか冷えない家庭用冷蔵庫の性能では品質の保持能力はそんなに高くありません。
 生鮮食品、主に魚類では-55℃くらいが品質劣化を最小に留める温度帯であると聞きますから、カズノコだってきっとそうなのでしょう。

 
 ●ドリップどっぷり。
 
 また、スーパーとかで冷凍マグロの柵とか各種食肉が解凍されて来るると同時に血のような赤い水分がトレイに溜まっているのを見た事がある方も多いと思います。

 それがドリップと呼ばれる水分です。

 原理はこうです。
  
 

 前提:液体(水)は固体(氷)になる時、体積が増える。

  1 品物の凍結により細胞の中の水分が凍結される
  2 水分が凍結した際、細胞膜を破ってしまう
  3 解凍時、細胞膜が破れた細胞から「細胞液」が流出する。


 
 ドリップの正体は「細胞液」なんですよね。
 そして、生鮮食品の旨み成分=細胞液なんですね。

 ですから、ドリップが出ちゃうと見た目が血っぽくて気持ち悪いのもあるけれど、最大の問題点は
 「美味くなくなる」
 「細胞液を失った細胞がスカスカになってしまう=食感が失われ、ボソボソになる」
 って事なんです。 

 魚卵なんてモロに1粒1粒が細胞ですから、凍結→解凍する回数が増えるほどボロカスになって行くんですよ。


 ●何故に塩カズノコはあんなにしょっぱいのか? 

 そこでカズノコに限らず魚卵を保存する方法として、細胞内の液体を凍りにくい何かに置き換えるという作業が最適なんですね。

 水溶液を使用すれば良いんです。
 水溶液の濃度の求め方を覚えていますか?

 濃度(%)= 溶質 ÷ 溶液(=溶質+溶媒) ×100 

 溶質…溶液に溶けている物質。
 溶媒…溶質を溶かしている液体。

 水に何かを溶かし込んだ液体にカズノコを漬け込んで、カズノコの細胞内にその濃度の高い液体が浸透した場合、通常の細胞液よりも凍る温度が低くなるんです。

 飽和という言葉を覚えていますか?
 
 

飽和…水溶液に、もうこれ以上溶質が溶けないという状態。
    最高に濃いと言うこと。  



 飽和塩水(=塩が水に溶ける限界まで塩を溶かしたメッチャ濃い塩水。ちなみに濃度で26.3%)のちょっと前の22.4%塩水で凍結温度が最低の-21.2℃で凍結します。

 なまら理科でしょ?
 ホント、参る。

 だからこの飽和塩水で漬け込んで、-20℃で保管しておけば水分が「凍結にならない状態」「低温で保存」できるから、魚卵にとって一番理想的な保存になるんですよね。

 
 ●カズノコが製品になるまで。まとめ

 ニシンが輸入されてくる
  ↓
 ニシンからカズノコを取り出す。
  ↓
 血を洗い流す(薄い塩水→濃い塩水)
  ↓
 ゴミ・アニ~除去
  ↓     ↓
 無漂白    漂白・過酸化水素を分解
  ↓     ↓
   飽和塩水で漬け込む  



 以上の工程を、主に気候の冷涼な時期(1月~4月)に集中します。
 まあ、各カズノコメーカーの操業プランにも寄りますので、時期に関しては一概には言えないのですが、秋(9月~10月)に行うメーカーもあります。

 そのカズノコを保管しておいて、12月の季節商戦に向けて10月~12月初旬に掛けて、一斉にパッキング作業が行われます。

 そのパッキングもこんな風に→塩数の子・数の子タウン留萌神経質なまでに一本一本丁寧に、並べられます。

 それは機械に出来る仕事ではありません。

 ついでに高級感漂う化粧ケースに入れますね。資材費だってバカになりません。

 

 かくして長い道のりを経てカズノコは皆様の正月の食卓に登場するのです。

 正月の高級食材としてのイメージを守ったのか、脱却できなかったのか、カズノコ業界は不景気という時代の流れをまともに食らってしまいました。

 カズノコ業界の苦闘は続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。