フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2010/10/04 Mon  14:24:41» E d i t
 » 白目に驚愕! 
 何だかもう随分と昔からそのタイトルを知っていて、遥かむかしにドラマ化されていたにも関わらず、ついこの前初めて、しかも最新刊を読んだ漫画がある。

 「ガラスの仮面

 
 ・・・。


 これ、ギャグじゃないんだよねぇ?

 
 驚愕したのは、超真面目な展開なのに登場人物たちが急に白目になるという表現!!


 超インパクトありッ!!

 永田か??

 永田なのか!??


 私、少女マンガは見ずに育って来たので、少女マンガ全般にこのような表現が用いられているのかと嫁。に訪ねましたらば「ガラスの仮面」の作者のみに見られる強烈な個性的表現であるとか・・・

 
 少女マンガの素晴らしさを知らずに年老いて行くところだった。迂闊。

 よし。これからは嫁さん。の実家に行ったら必ずあの本棚に並んでいる少女漫画たちを一タイトル以上は読んで来ることにしよう。

 
スポンサーサイト
2009/03/26 Thu  06:03:16» E d i t
 » タイムカプセル 
 正月に一気読みした漫画。

20世紀少年(ビッグコミックス)全22巻+21世紀少年 上・下20世紀少年(ビッグコミックス)全22巻+21世紀少年 上・下
(2008/12/08)
不明

商品詳細を見る
 ページをめくるとソコに!
 という仕掛けがどこかにあります。

 アレは良かった。


 20世紀少年 + 21世紀少年。

 映画化されて一生懸命宣伝していますが、そちらの評判も上々なようで。
 
 私は、幼稚園に入る前からの友人がいまだに友人だったりするような男なので、感情移入しながら読んでいました。途中までは。
 ただ、田舎者なので、全世界の都会では大混乱が起こっているのに田舎じゃなんともなさそうなのが不思議な感じでね。ま、そんなもんまで描いてたらとんでもない労力なんで省くんだろうけれども。


 映画のCMで「バハハ~イ」と言っている謎のマスクマン「ともだち」の正体は誰なのか?ってのと、「ともだち(教団)」の暴走を止めるぞ!ってのが第一部で、その後の世界を描くのが第二部で、あと完結編があってという感じで物語は進むんですね。


 適度にリアルっぽくて薄ら寒くなるような部分も多いんだけども、なぜかそこらのオッサンがさして特訓もせずに度胸と友情と運の強さだけで謎の組織に立ち向かうという、結構荒唐無稽な感じが好き。「本格科学冒険漫画」と銘打たれてるけれども「本格」でもないな。




 第一部では主人公のケンジとその仲間達が小学生の頃に作った秘密基地で、空想した未来を書き留めた「よげんの書」をモチーフに物語が進むのだけれど、その「よげんの書」を “お歳暮でいただく海苔とか煎餅の詰め合わせが入ってるような缶(そう。アレです)” に入れて埋めてあるのを掘り起こすシーンがあるんですよ。


 で、これ、昔、私もやったな~ と思い出したわけで。


  本船はまもなく回想の世界へと参りま~す。シートベルトをお締めくださ~い


 「宝物」をビニール袋に詰めて、缶のフタをガッチリ閉めてさらにそのフタと缶本体の隙間を開けないように何重にもセロテープを巻いて巻いて巻いて巻いてガッチリ巻いて、さらにそれをビニール袋に入れて家の庭に埋めたのは、小学校6年の頃。

 当時、未練たらしく集めていたいろんなモノを卒業しようと、そしていつか思い出したら掘り起こそうと相当な決意を持ってそれを実行した丸少年。

 穴は自分の腰が埋まるほど・・・およそ1メートルは掘ったでしょう。
 そして、その海苔缶をうやうやしく穴の中心に置き去って、掘り起こした土を掛け返してペタペタとスコップで何度も叩いて、繁茂する雑草が円形脱毛症状態になった庭にグッバイ告げた夏の終わりの昼下がり。

 
 やがて秋が来て、冬が訪れる頃、円形脱毛症がすっかり回復して枯れ草はびこる庭を掘り起こしたのはナゼだったっけ??

 
 あー、なぜか海苔缶を埋めたトコだけ庭がちょこっと陥没したんだった。
 「どしたのかな?」って、わずか2ヶ月程で掘り起こす事になろうとはお釈迦さまでも知らぬ仏のお富さん。

 
 掘る丸少年。


 その海苔缶周辺は空洞になって、水溜りとなってたんじゃー!!!


 “中身の宝物をビニール袋に詰めて、缶のフタをガッチリ閉めてさらにそのフタと缶本体の隙間を開けないように何重にもセロテープを巻いて巻いて巻いて巻いてガッチリ巻いて、さらにそれをビニール袋に入れておいた”にも関わらず、

 にも関わらずッッ!!



 フタが重みで潰れて中身びしょ濡れぇ・・・

 ありゃあ、ショックだったずぇ~・・・今でも思い起こせば凹むじぇ~・・・オキニの白いズボンで春先に外走ったらスッパネ(泥はね)満開になったくらい凹むぜ。


 どんなに頑張っても海苔缶じゃ時を超えることは叶わぬッ!!叶わぬのだッッ!!叶わぬのだよ、ケンジくん!!

 ・・・認めたくないものだな。自分の若さゆえの過ちというものを。 byシャア

 本船はまもなく回想から脱出いたします。舌は噛まない様に口は閉じとけ!



 海苔缶でやろうとしてるそこの若い衆!!

 失敗すっからやめとけ。

 タイムカプセルにはタイムカプセルの専門家がいるから、まずはここ(←クリックすっと開くから)とか、ここ(←クリックすっと開くよ)とかに問い合わせてみたらいいと思われます。
 
 こんなの埋められてそのまま人類が滅びでもしたら、何万年も経った後で新しく高度文明を築き上げた生命体がたまさか偶然発掘したりして中からこんなもんが

 宝物

 飛び出して来た日にゃ、あーた

 「超古代文明人はキラキラだったとですよ。これはきっと武具ですばい。頭のワッカは高貴なる人物のアクセとよ。」って話になるですよ。

 そんな私も20世紀少年だったワケで、ま、水浸しから救い上げた「海苔缶タイムカプセル」の中身はこんなだったのですよ。


 陰干しして実家にしまっておいたのがこの前、子供たちが実家にお泊りした時に発掘された・・・お前ら、川口浩か!?

 ある意味、実家が最高最大のタイムカプセル。ソファーの隙間とかに、ほら・・・
2008/02/10 Sun  07:11:57» E d i t
 » 「死神くん」で何度泣く? 
 J C ッッッ!!

 今回のコレは青年会議所のことではありませんので悪しからずご了承願います。

 ではJCとは何ぞや?

 ジャンプ・コミックス です。
 週刊・月刊・その他諸々の集英社の「ジャンプ」と名のつく漫画雑誌のコミックスです。

 初めて買ったJCを覚えていますか?「こち亀」ですか?「奇面組」ですか?「ドクタースランプ」ですか?「コブラ」ですか?「マーダーライセンス牙」ですか?「てんで性悪キューピッド」ですか?「サイボーグじいちゃんG」ですか?「北斗の拳」ですか?「キン肉マン」ですか?「てんぎゃん」ですか?「男一匹ガキ大将」ですか?

 私は鮮明に覚えています。
 
 えんどこいち の 死神くん 2巻 です。

死神くん (1) (集英社文庫―コミック版)死神くん (1) (集英社文庫―コミック版)
(2002/08)
えんど コイチ

商品詳細を見る
 一体、どれだけこのマンガに泣かされ、考えさせられ続けるだろう?社会問題の本質は20年前も今も全く変わらない。
 

 だぁぅふぅぐっはぁ~涙涙涙 

 今も読み返して軽く泣いていたところです。ぐすん。

 死神くん なんていう物騒でオカルトチックなタイトルからは想像もつかないほどに暖かく、それでいて深く心に響く漫画です。生・老・病・死その当事者、周辺で起こる心の変化を社会問題を絡めながら描き、20年前にすでに失われつつあった心の豊かさへの警鐘を今なお鳴らし続けている作品。それが 死神くん です。

 作者の えんどこいち先生 はあの抜作先生でおなじみの「ついでにとんちんかん」を週刊連載しながら、月刊誌にこの「死神くん」を連載。
 私、この作者の絵は「県立海空高校野球部員 山下たろーくん」でおなじみの こせきこうじ先生 と双璧を為すほど下手だと感じております。どこかの1コマを抜き出して置いておけば小学生のイタズラと勘違いするほどの荒さです。

 だ・が・し・か・し
 だがしかし!!

 絵が下手でも話の内容は良い。良いのだ!!
 
 死神くん は一話完結型で登場人物の設定も、死神くんは死期が近づいた人間に残りの寿命を伝えに来るという設定だけが特殊で、それを知った人間達がこれまでの人生を振り返ってやり残した事を遂げたり、あるいは死という運命を乗り越えてしまったりという、小難しい説明が不要な漫画なので、どこからでも入って行けるしどこでも泣けるのです。

 えんどこいち先生のストーリーの妙と構成力には脱帽です。
 だって、私がはじめてこの漫画を読んで号泣したのは9歳の時でしたから。「漫画ってこんなスゲーんだ」って多分少年時代の私は思い知ったと思いますよ。そういう実感は後から気付くんですけども。
 ある程度漢字が読めるようになって、コロコロコミックの漫画でゲラゲラ笑いながら育って、本当は「ついでにとんちんかん」を買いに行ったのにそれが無かったから同じ絵の漫画を買ったのが「死神くん」だったのです。
 私の社会に対する考え方の原点は「死神くん」にあるかもしれません。


 こういう、絵もストーリーも味わいのある漫画が少なくなっちゃったよなぁ。

 色褪せないんですよ。
 ストーリーが。9歳で号泣した物語に、32歳でまだ泣かされてるんですから。
 今みたいにスピリチュアルがどうだとか流行る二十年も前に、こういう「心の時代」を先駆けるような物語があったことを私は、アナタ方にお伝えしたい。

 いつか、手に取る機会がありましたらば、是非ご一読を。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

2007/08/16 Thu  07:43:51» E d i t
 » 死狂いなり 
 7月の末からWOWOWで残酷時代劇漫画「シグルイ」がアニメ化されている。
シグルイ 3 (3) シグルイ 3 (3)
南條 範夫、山口 貴由 他 (2005/01/20)
秋田書店
この商品の詳細を見る


 シグルイは、やはり「北斗の拳」や「男塾」あたりの男臭が漂うマンガで育ってきて「ジョジョ」の世界で研磨されたので、「ドラゴンボール」とか「スラムダンク」「幽幽白書」とかのジャンプ黄金ロードを突っ走ってきた人たちに“いわれの無い後ろめたさ”を密かに感じたりして、逆にそれを密やかな誇りにしてるような私にしてみても衝撃的内容なのである。

 なにしろチャンバラ物なので斬撃によるリアルな流血やら“流臓”描写にも度肝を抜かれるが、必ずしも努力したものが報われない世界、あるいは善良と思われる者が才能に踏みにじられる世界という読み終わった後の何とも言えない不愉快な感情が逆に現実的であり、自分はそうでもないとか思いこんでいたものの「ご都合主義のつじつま合わせ」がまかり通る少年誌育ちの夢見る読者だったという現実を思い知らされた。

 残酷時代劇 と銘打たれたこの「シグルイ」奇しくも、WOWOWのインタビュー番組で漫画版の作者である山口先生が「残酷」についてこのように語っている。
 
 「流血や人死にが残酷なんじゃなくて、善なるものが報われない、努力した人が報われないそういう世界が残酷だと思う」

 すべからく現実ってヤツは直視すれば残酷。
 でも、残酷なままで簡単に終わらないから絶望の淵からでも希望を見つけられる。いくらぶっ倒れそうな暑い日が続いても、野に花は咲いている。踏みにじられようとも必死に咲いているじゃあないか!!
それが人生よぉぉ!!
 
 ・・・などと、必死にシグルイ世界に抵抗を試みてみるこの無意味さよ・・・ああ、週刊少年ジャンプ黄金期世代ですともよ。無残でも残酷でも「シグルイ」には熱い血潮が流れている!流れているのだ!!だから私は不快でも好きなのだ!!



 この「シグルイ」原作は小説「駿河城御前試合」の1エピソードなのだが、漫画化の時点で絵柄も、迫力も、そしてこの不快な感じさえも、作者の死狂いぶりが大いに反映されていて骨太で熱くてグロくて・・・とてもとても「アニメになんぞなるもんか!」と誰もが思っていた。高を括っていたッ!
 アニメ化の話を聞いた時にも「え~、どうせ原作漫画の世界観ぶち壊しになるような映像化しかできねぇだろ~?」とか思っていた。少なくとも、私はそう思っていた!不可能だと思いこんでいた!!
 

 しかし!それが・・・

 できる、できるのだ。
 やってのける奴らが存在するのだ!

 WOWOW「アニメ シグルイ HP」 

 
 すごい。
 グロい。そして不快であり、深い。

 毎週、ちゃんと見てます。

 ちなみに「シグルイ」とは「武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの」(訳:武士道は死に狂いである<死を覚悟するという言葉さえも生ぬるいほどの狂気ッ!>。そうした一人を倒すには、数十人がかりでもできない場合がある)から来ているのだそうで。

 なにがそうなのかは、シグルイを読むなり観るなりしてください。

 このクソ暑い夏も、ゾッとするほど涼しく過ごせる事でしょう。
 

テーマ:暑いけど。 - ジャンル:日記

2006/02/11 Sat  11:38:56» E d i t
 » 北斗の拳 ここに復活せり! 
 199X年・・・
 世界は・・・

 核の炎に包まれた!  

 海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。

  だが、人類は死滅していなかった。




 何気なく新聞を読んでいたら、こんな記事が!
 「ああ、パチスロか何かの記事かい?」なんて思いながら目をやると・・・おおおおおおおおおおおおおおおおおお
 「札幌 雪祭り会場に ラオウとケンシロウの氷像がッ!」

 ぬわにぃぃぃぃぃ!??

 そして更に、北斗の拳のアナザーストーリーがオリジナル5部作として復活するだとぉぅう???

 →真世紀末救世主伝説 北斗の拳

 何ですか?何なんですか?これは。
 私がタミフルの副作用で見ている夢か何かでしょうか?

 漫画「北斗の拳」は英雄たちの戦いを描いた壮大な叙事詩(サーガ)に過ぎなかったのだそうですよ。そうだよ。次から次へと現れるスーパーヒーローがみんな戦いという宿命を背負い込む過去を持っていて、それが私たちが子供の頃にはカッコ良くてたまらなかったんですよ。
 後付けの強引な設定だって良いじゃないか!
 良いんですよ!物語なんだから!
 

 そして、ライバルという存在が敵ではなくて「強敵」と書いて「とも」と読む、お互いを高め合い、輝かせ合う存在であるということや、昔の男らしい真っ直ぐで単純な愛を訴え続けたのがこの作品なのさ。

 筆圧が高いからとか、原作者が武論尊(ぶろんそん)だからとか、そんな理由で読んでいないあなた!そこの、あなた。
 
 コミックス全27巻、無料で貸してやるから読みなさい。
 あ、ちゃんと返却して下さい。あと、送料はそちらで負担してね。
 読んで泣け!(主に15巻)。
手垢は仕方ないからつけて良し! なにせ8巻にはO君に醤油付けられてるから。

 主人公はケンシロウなんですけど、そんな彼の存在を忘れさせてくれるような素晴らしい登場人物がワンサカ出て来るんですよ。
 だから、アナザーストーリーとして彼らを主役にした物語が紡がれるのであれば私としては大歓迎なんです。
 
 それは、私たちが今まで空想の中で築き上げてきたキャラクター像の破壊になるかもしれません。それでも、ちゃんと原作者の武論尊氏の名前があるなら本道を外れた物にはならないはず。

 だがしかし、映画とOVAなんですか・・・?
 週刊少年ジャンプでやれよ!
 ああ。ジャンプはもうマッチョ崇拝主義を捨てたからダメなのか。
 
 
 連載開始が1983年(私、当時7歳!)で、漫画の連載が終わったのが確か1989年あたりでしたから、その後もこの漫画の神通力は延々と私達の内側で燻り続け、ゲームやら別路線のOVAやらパチスロやらと形を変えては私達の前に現れ続けてきましたが、遂に本物(に近い物)が現れましたよ。20年もの時を経て、こんなことになるとはこのリハクの目を持ってしても見抜けなかった・・・。 

 ああ、何だか中学生の時に転校して行ったきり連絡の途絶えた友人S君に偶然出会えたような感激だ~~。

 で?
 アナザーストーリーの5部作はどんな構成になってるの?
 
 シン? レイ? ライガとフウガか? バズとギル?? アイン?
 元斗皇拳のファルコか?
 牙一族の盛衰なんかも良いかも。
 あと、やっぱりウイグル獄長は外せないっしょ。

 う~ん、ジャギ様やアミバ様も捨て難い。ジャコウ総督?
 え?16巻以降のキャラは邪道ですか?
 じゃ、雲のジュウザも。
 
 はい、戯言は置いておいて、

 第一部は「ラオウ伝 ~殉愛の章~」ですとぉぉぉ???
 
 そうさ。おどけていても私が一番好きなキャラクター。それは
 北斗の長兄・ラオウ
 出現当初、強大な悪という存在でしかなかったラオウが背負っていた、荒廃した時代をまとめ上げるための悲壮な信念。そして愛。

 生き様、信念、強さ、優しさ、そして死に様。
 ああ、ラオウ。

 はい。何書いてるんだか分かりません。
 興奮してるから。
 
 ちょっと気になる事といえば新キャラクター・拳王軍の女猛将レイナのデザインが「シティーハンター」の北条司先生だと言うのが気になるんですけど。なぜに原哲夫先生ではないのだろう?

 美人の絵を描かせたらみんなユリアになるからですか?
 あ、なるほどね。 

テーマ:懐かしの漫画アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。