フクフク丸のあずましいblog
あずましい=快適、すごしやすい  アナタの「心の元気」を引き出す   「漢方薬」に私はなりたい。
01 « 2017 / 02 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.
--/--/-- --  --:--:--» E d i t
 » スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2013/12/19 Thu  05:10:27» E d i t
 » 渡れッ! 
「石橋を叩いて渡る」とは、慎重に物事を進める様子を表現した慣用句だ。

石橋の渡り方を他人に聞き、渡るための本を読み漁り、渡るための知識ばかりはいっぱしで、渡ろうとするどころか、叩いてみようとさえしない人たちがいる。


大きな力に守られ慣れて、言われたことだけやってれば飯を食うことはできて、知識は豊富、言ってることは難しいごたくならべて大層ご立派だ。


ぐだぐだ言うのも良いけど、渡ってみなよ。

それ、朽ち木でもなんでもなくて、石橋だからさ。

もし落っこちたら岸まで泳げば良いだけでしょ。
スポンサーサイト
2013/12/13 Fri  03:33:23» E d i t
 » 人生いろいろ 
「こまかいところまで気がつく人」 と 「こまかいところにしか気がつかない人」は似ているようだけれども、まったく逆。

 どちらも普通の人には盲点なところを突いて来るから誤解しちゃうけれども、前者は普通の人が気づかない事を気づかれないようにやり終えているから、後から気付いた人によって評価される人たちのこと。

 後者は誰かの揚げ足を取ったり重箱の隅をつついて得意満面、普通の人が気づいていないことを指摘して一躍注目を浴びたとしても、結果的に他の人の気分を害する以外の役割を特に果たしているとも思えない人たちのこと。

 人生いろいろ。
2013/12/05 Thu  10:28:34» E d i t
 2005年にブログを始めた頃には狭く、小さかった自分の世界。
 一歩ずつ、時にぬかるみにはまりながら、時に歩みを止めて立ち止り、迷って戻りながらも歩み続けて、随分と広がった2013年、37歳現在の自分の世界。

 輝ける大人とは何かを模索して始めたブログの世界。

 そして、もう「若い」という言葉で甘く見てもらえるような年代ではなくなり、自分の後に続く者たちさえもが広がった自分の世界に登場して来て、リスクを背負って次の一歩を踏み出せば、新しい世界が広がることを体験から学んできた自分。

 
 子どものような好奇心行動力で、
 「何もしないのが大人」だと決め込んでいるつまらない世界で
 楽しく生きて、生きて、生きて、時が来たら笑いながら死んで行こう。

 
 さ、踏み出すぞ。
 新しいこの一歩を。
 
2013/07/08 Mon  09:06:09» E d i t
 » 行事終わって引き締め直し 
 身の回りの各種大きなイベントが終了。

 初夏を彩るさまざまな出来事が集中して、その準備と段取りと実行に夢中になっている間は良いのだが、どうしてもひとつ終わり、ふたつ終わりすると、気が緩み、さらに疲労感に打ちのめされて、また集中力に欠けてくる。

 イベントも出来事も自分が好きで盛り上げるためにやっているはずが、いつの間にやら義務感やら責任感やらがくっついて来て「本来ならばやらなくても良かったものを、一回やって好評を頂いたばかりに止まれなくなる状態」になると「喜んでやっていた」ことが「やらされている」感じになり、どうしても「やりたくない自分」が出て来る。

 
 誰のために、何のために、
 自分は何者なのか。


 仲間が働いている中、集中しきれずにぼんやりしていたらイベントの先輩にガッツリ叱られた。

 
 言ってもらえて良かったと思う。


 最近、仕事でいろいろと面白い話があって、それが儲けにつながるのかどうか分からないけれども、今までとは違った試みで、取引先の相手もいわゆる役職組が増えて来て、そういう中に紛れているとどうしても自分が大きくなったように感じてしまう。

 また、無意識のうちにそういう振る舞いをするようになるし、他人を見下すような言動をしていないとも限らない。

 今回は、イベントで集まったボランティアメンバーの中でボケーッとしていたのを「みんなの士気が下がるような真似するんじゃねぇ!」と叱り飛ばされたのだが、全てにおいて自分を引き締め直す良い機会となった。


 大感謝。

 
 思い上がって、舞い上がった自分の足を地につけてくれる人が、俺の周りにはいてくれる。

 うん。

 今日もまた、歩いて行こう。

2013/07/01 Mon  16:23:38» E d i t
 » made in ×× 
 久々にピッタリサイズが一発で見つかって大満足だった某・量販店で買った作業着ズボン。

 鼻歌でも歌いたい気分だァァァ♪・・・った。

 だがしかァァァしッッ!

 一度洗濯して干した・・・たったそれだけの、一昼夜ほどの短期間に・・・

 一体俺の太ももがどれだけ太く逞しくなったというのだァァァーッ!?
 パッツンパッツンじゃねーか!

 いくら安物とは言え、一回使い捨て用には高いべやァァァあんまりだぁぁぁぁー(泣)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。